トップページ ホームページ
フェローメンバー《福西七重》




■略歴と手がけた主な仕事
1964年 (株)リクルート入社。人事、採用、営業企画、社長秘書などを務める。
1971年 社内誌『かもめ』創刊と同時に編集長に就任。以後、26年間で347号を発行。
1987年 社内コミュニケーションネットワークシステム《あいしてる2》の運営をスタート。そのほか、社内誌をコアにしながら、同社内のイベントを企画運営したり、社員を巻き込んだボランティア活動などを展開。
1996年 経団連の外輪団体である経済広報センターの「第12回企業公報賞」で公報奨励賞を受賞。
1997年 同誌編集長を辞任。
1997年7月 リクルートフェローとして(株)リクルートとコーポレート・コミュニケーターとしての契約を交わす。同時に、(株)ナナ・コーポレート・コミュニケーションを設立。社内報の企画編集など、企業内コミュニケーションの活性化をテーマに事業を展開。
1998年7月 企業のスタッフ部門向けの市販誌『月刊総務』(1963年創刊)の出版元となり、同誌編集長に就任。
1999年4月 財団法人共用品推進機構評議員に就任。社団法人日本経営協会参与。NOMAプレスサービス社内誌編集委員。

社内誌『かもめ』は、全国社内報コンクール(PR研究会主催)で24年連続入賞、うち第1位の総合優秀賞受賞10回を記録。また、社内誌企画コンペティション(日本経営協会主催)でゴールド企画賞に10年連続入賞。つねに問題提起をしつづけ、社内誌界のオピニオンリーダー的社内誌として高く評価された。
社内コミュニケーションネットワークシステム《あいしてる2》は、日本企業の中で、パソコン通信をコミュニケーションに活用した初の先駆的な成功事例として注目を集めた。マルチウェイのコミュニケーションスタイルや、従来のピラミッド型組織から全員参加のフラットなネットワーク型組織づくりへのトライアルは、他企業からも参考にされた。

■著書
『1枚の名刺で仕事をする法』(共著・中教出版)、『社内誌編集を始める人の入門の手引き』(『月刊総務』別冊)、『本が好き』(共著・メディアファクトリー)、「ひとり編集者の仕事学」(『編集者手帳』連載中・日本経営協会)がある。



(ふくにし ななえ)
(株)ナナ・コーポレート・コミュニケーション 代表取締役
(株)リクルートフェロー コーポレート・コミュニケーター





 TOP藤原和博有森裕子|福西七重|横山清和斎藤由多加大條充能

よのなかnetホームページへ戻る