よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 死者の奢り・飼育
投稿日: 2020/10/21(Wed) 18:10
投稿者USA

『死者の奢り・飼育』(新潮文庫)大江健三郎

6つの作品からなる短編集です。
著者の作品には「死」と「戦争」が常に傍らにあるような気がします。それらを通すことで「生」が色濃く描かれているように感じました。
著者はノーベル文学賞及び芥川賞を受賞していることもあり、作品には文学的な表現が非常に多く、ストーリーの読解はなかなか難しいものがありました。

『本を読む人だけが手にするもの(古典編)』自薦または他薦50冊のうち27冊目の書評(1000冊のうち170冊目)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー