よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル しんがり
投稿日: 2020/05/22(Fri) 22:43
投稿者USA

『しんがり』(講談社)清武英利

「しんがり」とは戦に敗れて退くとき、軍列の最後尾に踏みとどまって戦う兵士たちのことを言うそうです。
バブルが弾けたと同時に山一証券は自主廃業をしました。多くの幹部が倒産と同時に転職などで山一証券を去る中、「なぜ倒産に至ったか」を徹底的に解明すべく廃業後も会社に留まった12人の実話です。

著者はかつて読売巨人軍代表であったのですが、あることが理由で解任されます。著者は山一のしんがり達と自身を照らし合わせて本作を作ったのではないでしょうか。

この本を読むと組織を生かすも殺すも結局は「人」に尽きるとつくづく思い知らされます。
実社会では正直で真っ当に生きることがどれだけ大変か。しかしその当たり前のことから逃げ続けた結果が、山一証券の倒産ひいてはバブルを引き起こしたと思います。
骨太で読み応え充分な作品でした。

本を読む人だけが手にするもの(ノンフィクション編)』自薦または他薦50冊のうち19冊目(1000冊のうち137冊目)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー