よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 一ふさのぶどう
投稿日: 2020/05/17(Sun) 07:14
投稿者USA

『一ふさのぶどう』(偕成社文庫)有島武郎

ストーリー性 4点
7つの短編からなる童話集です。「一ふさのぶどう」はそのうちの1つの童話ですが、他人のものを盗んでしまった少年の繊細な心をとてもうまく表現しています。

独自性 3点
この本に出てくるような話はどこの家庭や学校でもおそらく子供に話しているのではないでしょうか。

読みやすさ 5点
宮沢賢治の童話に比べて抽象的な話が全くないのでかなり読みやすいものとなっております。

文学性 3点
文学的というより道徳的な意味合いがあるように思います。

普遍性 5点
童話なので子供向けの話なのですが、大人が読んでも深く考えさせられます。

合計20点
なんだか新鮮な気持ちで読むことができました。「嘘をついてはいけない」とか「ひとの物を盗んではいけない」と言ったような当たり前のメッセージは大人が読んでもハッと気付かされることが多いでしょう。

『本を読む人だけが手にするもの(古典編)』自薦または他薦50冊のうち17冊目の書評(1000冊のうち136冊目)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー