よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 狂気の「かき氷」マシン開発物語はこちら
投稿日: 2020/05/08(Fri) 15:46
投稿者カズ

 仮説:ちょっとした狂気を起動して常識外の商品をつくると、(とくにコロナ以降は)その狂気の商品を欲しい常識外の顧客が創造できるんじゃあないか?

 狂気のかき氷マシン開発物語はこちら
 https://newspicks.com/news/4863642/body/?ref=index

 300万円のかき氷製造機は非常識だ。読者も売れるわけがないと思うだろう。
 でも、その「狂気」のマシンは奈良の起業家のもとに集った製造メーカーを含めた関係者の内に眠る「狂気」を引き寄せてプロトタイプが完成し、夏にも製品化されようとしている。
 
 秋にNewsPicksにこの「狂気」の起業家・上田勝さん(奈良で出会った塾の塾頭)を紹介した時には予定価格が200万円だったのだが、結局、金型を作るわけにはいかず、一つ一つの金属部品を手作りして組み上げるしかなかったので、受注生産での300万円(これも予定価)になった。
 ただし、本場イタリア製の高級エスプレッソマシーンは200万円以上するのだが・・・。

 まったく馬鹿げている、と私も思う(笑)。

 でも、私には次に述べるような経験があるのだ。30年も前の話になるのだが、友人からある人物を紹介された。うろ覚えだから細部は正確でないかもしれない。
 彼は二十歳になった誕生日に父親からいきなり自分の貯金通帳に7000万円振り込まれたのを知った。父親は高名な医者で、自分も医学を目指す道にいたが、一生分の小遣いの先払いだったかもしれない。

 父は息子にある条件を出した。これをそのまま貯金したり、金融商品に投じて増やそうとしてはいけない。何かに一発で投じてみろというのだ。

 普通だったら、マンションを買って一人暮らしをしようとするだろうし、サラリーマンだったら、もっけの幸いで7000万円を頭金に1億円を超える高級マンションのローンを組むのが落ちだろう。
 ところが彼はそうしなかった。

 当時、車好きだった彼は、映画007で有名なアストンマーチンのヴィンテージカーをポンと買ってしまったのだ。
 まあ普通だったら「バカ息子、ここにあり!」という典型的な話で終わる。

 ところが、ところが、そうはならなかった。
 なぜなら、買った翌日から世界中の金持ちからの問い合わせが相次ぎ、「君の車を譲ってくれれば石油の利権の一部を渡す」とまで要望される存在になったからだ。つまり、一発の買い物で、彼の世界におけるポジショニングが変わった。

 まったく予想外のハイエンド人脈の土俵に意図せず登ってしまったことによって、彼の存在が変態(メタモルフォーズ)し人生のモードが変わる。

 私は、この「狂気」のかき氷製造機の開発を「やろう!」と覚悟してくれた池永鉄工の池永社長と上田さんに、この「脱皮」が起こる可能性に期待しているのだ。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー