よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 狂気の腕時計開発物語はこちら
投稿日: 2020/05/08(Fri) 15:39
投稿者カズ

 狂気の腕時計開発秘話@NewsPicks
 https://newspicks.com/news/4863629/body/

 私が2008年に和田中学の校長としての任期を終え、その年の3年生と一緒に卒業する際、40年使っていたセイコーの腕時計が壊れたのは偶然だった。
 また、何度も直しながら使ってきたのに、時計屋さんを巡っても、今回は部品がないので直らないと告げられたのも偶然だったと思う。

 結局、この「偶然」という機会や人との出会いをどう生かすかなのだ。

 なぜ、その時、ローレックスやパテックフィリップなどのブランド腕時計を買わなかったのか?・・・ここにはちょっとした理由が作用している。

 私にはロンドンとパリで家族と2年4ヶ月生活していた経験があるので、親しい英国人やパリジャンがいる。
 中には、赴任した当時、リクルートの関連会社と提携させて「じゃマール」発刊(今の「メルカリ」の機能を25年前に雑誌でやろうとして失敗)につながった会社をのちに大手情報グループに売って巨万の富を得たユダヤ系大富豪や、ヨーロッパ最大の不動産会社の役員として活躍する友人も。

 すると、もし私がスイス・フランスメイドのブランド時計をしてヨーロッパに現れたら、彼らが笑うと思ったのだ。
 「カズ、なんであなたが我々が生み出したブランドの時計をしているの? 日本にも腕時計メーカーがあるし、腕のいい時計職人がいて、その伝統文化が根付いているだろうに」・・・とパーティーでちょっと皮肉られる姿だ。

 同じ話をG1サミットで一緒の星野リゾートの星野社長から聞いたこともある。
 彼の留学先のビジネススクールでの話だ。それぞれの民族衣装で現れて良いサプライズパーティーに彼はスーツで行った。クラスメートは皆「なんで和服を着てこないの?」と蔑んだわけではないのだが、その時、私と同じことを感じたという。
 将来、自分が日本で展開するホテルが、最先端であっても洋式の延長であったら、彼らが日本に遊びに来てゲストとして泊める時、やっぱり恥ずかしいんじゃあないかということ。

 軽井沢で育った星野さんには、古い「ほしの」の旅館はかっこ悪いというコンプレックスがあり、帰国したらバリバリの洋式ホテルで勝負しようと考えていた。
 でも、彼はそうしなかった。星野リゾートの、あの旅館っぽいネオジャパネスク感はこの時生まれたのだ。私の腕時計も、この考えの延長にある。

 よかったら、この限定品の腕時計買ってください。最後は宣伝でした(笑)。
 https://www.costante.co.jp/SHOP/398074/list.html


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー