よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 己の中に眠るちょっとした狂気でコロナ後の沈滞を突き破れ! 
投稿日: 2020/05/08(Fri) 15:33
投稿者カズ

 コロナが警告してくれているのは、「一斉」にいい子をやるシステムはそろそろ危ないよ、それぞれ「バラバラ」に、ときには悪ガキしないとみんなが似てきてヤバイし、生存確率も下がっちゃうよ、ということでしょう。
 
 NewsPicks連載記事0号が評判です。
 https://newspicks.com/news/4863610/body/?ref=index

 だから、この連載は、個人の中に眠る動物的な「狂気」(あるいはすべての少年にあったはずの幼児性)を起爆剤にして、ビジネスでも人生でも、同じコロナがもたらす沈滞を打ち破ろうという趣旨です。

 5月5日子供の日から7日間で3つの物語を語ります。

 一つは、自分へのご褒美にブランドを買う人は多いですが、そのお金を投ずれば、自分でブランドを立ち上げられちゃうんじゃあないかという物語。
 二つ目は、いきなり超ハイエンドの商品を作っちゃって、それを買って使えるお客さんをあとから探すというマーケティング無視の商品開発は可能かという物語。
 三つ目は、日本の子供達のコロナ下でのオンライン学習には1校に5000万円を投じてWiFiを設備する必要があるが、そのお金があったら途上国ラオスでは義務教育学校が10校開校できるという物語。ここにはキンコン西野亮廣さんも登場する。
 うーん、天秤にかけるわけではないが、どうなんだろうと悩んでしまう。

 いずれも、ちょっとした「狂気」を発動した結果、バラバラな関係者の中にある「狂気」が共鳴してエネルギーが集中し、イノベーションが始動したケースです。
 自分の時間の1割を「バカげたこと」に投じることで、事なかれ主義から事あれ主義に変じ、人生をもっと芸術的に生きられるのではという提案も含んでいます。

P.S. コロナ後の教育の未来と「オンライン学習」の関係については、5月12日(火)22時からのNewsPicks番組「The UPDATE」で語らせてもらいます。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー