よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル グローバル化による今後の教育について
投稿日: 2020/04/04(Sat) 16:21
投稿者USA

コロナの影響によりオンラインでの教育は今後ますます加速していくと思います。
僕はDMM英会話をかれこれ4年ほど利用させていただいております。
DMM英会話が発表したところによると、有料会員を対象に4回分の無料レッスンチケットを配布するとのことです。自宅待機を余儀なくされている生徒たちにより多く英語に触れる機会を与えることと、それと同時に世界中で自宅待機を余儀なくされている講師によりたくさんの仕事の場を提供するということが目的なようです。
DMMはコロナの状況を鑑みて、世界中でどのような需要と供給があるかを瞬時に判断し即実行に移しています。この辺の臨機応変な対応は我がことながら公務員では対応できないことでありなんとも歯痒さを感じます。

さて、そんなDMMを利用している私ですが、これからの教育において一考察を述べさせていただきたいと思います。
それは今後のグローバル教育についてです。
結論から申し上げると、今後教育分野においてオンラインによるグローバル化が加速するにしたがって、国語と数学がますます重要になるということです。

以下理由を述べます。
(前提)
DMM英会話を利用していていくつか気付いたことがあります。それは何かというと、少し厳しい言い方になりますが、講師にとって英語力だけでは大した武器や魅力にはならないということです。講師の国籍はセルビア、フィリピン、ジャマイカ、ガーナなどほぼ全大陸からなっておりまさにグローバルです。これは言い換えると、少ない日本人生徒を相手に講師は全世界の方々と人気英語教師となるべく競争に晒されているということです。

では人気英語教師とはどんな方々なのか?
それは自分の意見をしっかりと述べられる人だと思います。DMM英会話では講師とディベートするというレッスンを選択できるのですが、単に生徒の意見をなぞるだけの講師はもちろん人気がありません。逆に生徒の意見をしっかり聞いた上で自分の意見を明確に示すことができる講師は人気があります。DMM英会話では講師の人気度が星印で一目瞭然であり、かつ生徒からのコメントも付されるのでかなり講師にとってはシビアです。

(考察)
上記の前提を踏まえた上で、現在の日本の英語教育と今後の英語教育について考察したいと思います。
現在の日本はグローバル化の流れに乗り遅れないよう英語教育がどんどん早期に始められています。確かに英語を使えることは重要ですが、すでに述べたとおりこれはあくまで手段に過ぎず、グローバルの競争にさらされるからこそ武器にはならないと思います。今後技術の発展により自分が英語を話せなくても意思疎通ができる未来は確実に訪れます。そうなると英語という手段よりも自分の意見を明確に伝えられる能力の方がはるかに求められるのはすでに述べた通りです。

僕はもう英語に何千時間も費やしています。それでも完璧ではありません。言い換えればマスターするにはそれだけの努力と根気と費用が必要なのです。
今の教育現場で中途半端な時間を英語教育に費やしたところで多くの英語嫌いを生むだけで費用対効果はあまり高くないでしょう。
それならばまずは国語をしっかりと学び自分の意見を伝えられるようにする。それは小説を読んだり古典を読んだりして身につくと思います。
それと同時に数学を学び論理的な思考を身につけるべきだと思います。

今後はオンラインによりますますグローバル化が加速するでしょうが、だからこそ英語よりもまずは国語と数学を基礎にすべきだと思います。
あくまで私個人による一私見に過ぎませんが、この大変な状況だからこそ少し冷静に教育について考えてみたところです。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー