よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 読みました。
投稿日: 2020/01/12(Sun) 09:01
投稿者カズ

> 『あすなろ物語』(新潮文庫)井上靖

 明日は何者かになろうと夢見ながら、まだ何者にもなれないでいるもどかしさ。
 私が生まれる前、1954年に描かれた物語にもかかわらず、十分に現代的なテーマですよね。

 戦争の廃虚で「明日なろう」が一旦完膚なきまでに破壊尽くされたのちに立ち上がってくる、雑草のような人々の「明日なろう」にもこころが動きましたが、物語の中に登場する6人の女性と主人公との関係が、折り重なるように6者6様に描かれていて、この小説の奥行きを増しているような気がしました。
 


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー