よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 人間
投稿日: 2019/11/03(Sun) 16:28
投稿者カズ

> 『人間失格』(新潮文庫)太宰治
>
> 太宰治の捨て身の作品だと思います。
> この作品を描き上げた後、太宰治はその生涯を終えています。

 又吉直樹さんの『人間』は、芥川賞の『火花』、『劇場』ときて三作目の小説ですが、完全に太宰治『人間失格』へのオマージュとして書かれています。

 私は二作目の『劇場』が一番、良かった。三作に共通するのですが、主人公のコミュニケーションする力の破綻もしくは女性関係能力の下手さが生み出す「哀しさ」が秀逸だったからです。

 『人間』というのは、すごいタイトルだなと思っていたのですが、太宰作品の中では「人間、失格。」と出てくる主人公自身による自分の自己判定に対して、ギリギリ踏みとどまっている意味での「人間、」だったのかな・・・。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー