よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 人間失格
投稿日: 2019/10/30(Wed) 08:49
投稿者ようへい

> 『人間失格』(新潮文庫)太宰治
それと並行して「短編小説」として自作品を20本ほど投稿させていただきました。
> その過程で感じたことがありました。
> プロとシロウトの僕には当たり前ですが埋めがたい力量の差があります。もちろん才能によるものが理由のほとんどだと思うのですが、それ以外にもプロと僕の間には何かがあるような気がしたのです。
> それは何かというと、プロの文章からは所々で「古典の匂い」がするのです。

「古典の匂い」を感じられるのは全員では無く、自作の小説を書いたり多くの書物に触れたりしたからこその境地だと思います。
この感覚は、読書をする人だけが手に入れられる才能ですよ。(^_^)
なので、今USA様の感性ははしろうととプロの中間領域に達しているのではないでしょうか。

しろうとが下でプロが上と言う概念で無く属性に変化が生じているというニュアンスです。

そういえば、「温故知新」という言葉がありましたね。(^_^)

引き続き書評お待ちしております。

奈良市在住 ようへい


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー