よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 江副浩正
投稿日: 2019/10/25(Fri) 19:08
投稿者カズ

> 『江副浩正』(日経BP社)馬場マコト・土屋洋
>
> 僕はこの本を読みながらいろいろなことを考えさせられました。

 ノンフィクションは、読み方が大事。
 それが真実でも、本当にあった事実でもないからです。

 そこに書かれているのは書き手の(誤解や先入観、ロマンや欲望も含めた)解釈であり、その表現手法としての書物ですから。

 絶好の機会ですから、是非クリティカル・シンキング(複眼思考)の技を磨いてください。
 そのためには、同じ事象を異なる視点で、異なる著者が描いたノンフィクションを読むと、立体的に物事を捉えられます。

 例えば、神戸の酒鬼薔薇事件の当事者、被害者の父と、加害者の母が描いたもの、さらには、のちに本人が描いたものも出版されました。これら3冊を読み比べるのも教材としては、いいと思います。

 『江副浩正』は、彼の出自などがよく書けているのですが、誤解もあります。

 最大の誤解は、現在のリクルートが江副浩正経営の延長上にあると勘違いしている点です。
 柏木社長から、現在の峰岸社長にバトンタッチされる過程で、リクルートは一皮むけてメタモルフォース(変態)しています。
 端的に言うと、今のリクルートでは、江副さん本人も、もちろん私も、この本を描いた大先輩も、誰も通用しない優れた会社になっているのです。

 新たなるノンフィクションへの旅立ちに、エールを贈ります。

 リクルートについては、次の社長(6代目)にバトンタッチされた時点で、世界と日本での収入比率が9:1を狙うようなら、もう一段の高みへの成長を期待できるかもしれません。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー