よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 50冊の小説読破、おめでとう!
投稿日: 2019/10/06(Sun) 07:30
投稿者USA

>  とりわけ、私が痺れるのは、USAさん自身が感じたことを表現するのに、「小説」という手段が武器として増えたこと。自作の小説が溢れてくるようになったことです。
>  私には起こらなかったことですが、私も33歳から無理矢理1年に100冊を目標として読書を始めて、5年間で500冊の文字(たぶん5000万字以上)のシャワーを浴びて、自分の中から(小説ではなくエッセーや評論のような形で)文字が溢れてきた経験があります。

なるほど、こういう見方があるのですね。
ほぼ無意識に小説を投稿させていただいておりましたが、読書を通して言葉が溢れ出してきた。その表現手段が僕の場合はたまたま小説だった、ということなのかな。なんだか不思議ですね。

>  さてさて、USAさん、約束通り、今度は東京でお会いしたいと思います。
>  いつがいいですか?

藤原さんはお忙しいでしょうし、僕が藤原さんのご都合に合わせます。
お誘いいただき、こんな光栄なことはありません。
何日かいい日をお示しいただければ調整したいと思います。

>  なんて言ってる間に、USAさんが小説のランキング1位に選んだ『廃校先生』の作家、浜口倫太郎さんからメッセージも届きましたね。

嬉しい限りです。ビックリしました。

>  東京出張がしばらくなかったら、USAさんと、前に大阪でご一緒した、奈良のようへいさんと、作家の浜口さん(生駒在住)と3人で奈良分科会を「采宴」@近鉄奈良駅前でやっていただいてもいいですよ。浜口さんには前に、「采宴」の久保田オーナーシェフを紹介してありますので。

ぜひやりたいですね(笑)


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー