よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 100冊目、何読めばいい?
投稿日: 2019/09/29(Sun) 07:07
投稿者カズ

 今年度は、1月に橋下徹『政権奪取論』、誉田哲也『月光』、早見和真『イノセント・デイズ』と始まって、9月に湊かなえ『落日』、真山仁『トリガー(上下)』と99冊目に。

 さてさて、100冊目に何を読むか?
 オススメがあったら、教えてください。

 思えば、33歳でメディアファクトリーの創業時に1年で100冊読むと決めてから、30年間、飽きずに100冊以上の読書を続けてきました。『本を読む人だけが手にするもの』に書いたように、50ページ読んでつまらなかったら、ビジネス書でも小説でも放ってしまうので、すべて完読しているわけではありません。でも、中高大学そしてリクルートでの20代と20年間以上読書の習慣がなかった人間が、それを習慣にできたことには、自分でも驚いています。

 ずいぶん前からスピードが上がって、年間150冊から200冊になっているので、4000冊以上にはなっているでしょう。5万冊以上その頭脳に入っていそうな(やはり30年の付き合いの)松岡正剛さんのような巨人には足元にも及びませんが・・・(笑)。

 さてさて、何を読もうかなあ・・・100冊目に。
 もはや、小中学校で読まなかった古典的な名作に回帰するしかないかなあ・・・。

 渋谷の啓文堂書店を定点観測していているのですが、どうも平台に読みたい本がないんですよねえ。エッセイはほぼ同じような感じのものになっちゃってるし、ビジネス書はホリエモンやキンコン西野さんやショールームの前田くんのような仲間のものはほぼ読んだし、小説は文庫も含めて結構カバーしたので。

 うーん、困った!


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー