よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 「自己肯定感」カフェでのお礼
投稿日: 2019/09/23(Mon) 23:09
投稿者牧師のたまご < >
参照先https://www.facebook.com/nobuyoshi13

藤原様

本日は渋谷のカフェにて突然失礼いたしました。
また、温かく受け入れてくださって本当にありがとうございました!!


私は、ベンチャー企業で人事を経験し、多くの高学歴層の学生と対話をしてきました。
その中で、あるとても輝かしい成果を出している学生と出会い、この出会いによって「自分は何を目的に生きていくべきか?」という壮大な問いと出会いました。


私はその輝かしい成果を出す学生はどのようにして形成されていったのかとても興味を持ち、「どうしてこんなに頑張れるの?」と質問をしました。
するとその学生は、
「自分は死んだ方がいいと思っている。そんな不安が後ろから追いかけてきていて、追いつかれないように走っているだけ。」
と大粒の涙をこぼしながら答えました。
「死んだほうがいい」と一度も考えたことがない私はそれを聞き、天地がひっくり返るような感覚になりました。


その出来事以降、面接の場では、学生の素直で飾らない、心の底にある本当のモチベーションの源泉を探るようになりました。
そして、目を見張るような成果を出してきた学生であればあるほど、心の底では「自己肯定感の欠乏」を強く感じており、それがモチベーションの源泉になっている場合が多いことに気づきました。
強い劣等感をエネルギーに変え、比較の中で自分を向上させる彼らを見て、これはあるべき姿ではないのではないか?ととても考えさせられました。


こういった背景から、「自己肯定感」というワードに興味を持つようになり、考えれば考えるほど多くの世の中に存在する問題は、「自己肯定感」が足りないことから生じるのではないかと思うようになりました。
そしてその「自己肯定感」を満たすものは何か?と突き詰めた結果、「愛(特にまずは夫婦間の愛)」だと思い、今はキリスト教の牧師の道を目指すため神学校に通っております。


今後、どのようになるか未知数ではありますが、藤原様におっしゃっていただけたのでこちらにて報告させていただければ幸いです。
長くなり申し訳ございません。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー