よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 世田谷一家殺人事件
投稿日: 2019/09/21(Sat) 07:39
投稿者USA

『世田谷一家殺人事件』(角川文庫)一橋文哉

小説と思って手に取りましたがどうやら違ったようです。
恥ずかしながら僕はこの事件のことは全く記憶にありません。未解決の事件で犯人は捕まっていないようです。この本を読む限りでは、著者は実行犯及びその事件の黒幕を突き止め実際に接触を図っており、その描写は鬼気迫るものがあります。だからこそ、その信憑性については僕には測りかねます。

ここに来て「そもそも何を持って小説と定義するのか」という疑問が生まれてきました。
どなたかわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。
ノンフィクションでも脚色が加わればそれは小説というのかな?


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー