よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: あと二つ
投稿日: 2019/09/14(Sat) 18:26
投稿者USA

> 平場という表現は、今まで生きてきて初めて聞く表現です。
> 簡単な言葉の組み合わせなのになじみがありませんでした。

この小説は読みながら「幸せ」について考えさせられます。
この小説に登場する50歳の女性である須藤は、中学生の時に両親が離婚したことがきっかけで誰にも頼らなくても生きていけるよう強くなると決意します。
だから自分が大病を患ってもそれを受け入れる強さがあります。
しかし人には語ることができない経験を通して「自分は幸せになるには値しない」とどこか屈折した心持ちがあります。
強くあらねば、そして幸せになってはいけない。この2つの感情があるから、本当は好きなのにその好きな人に気持ちを素直に表現できないのです。
ではその好きな人とは誰なのか?それがふとしたことで再会した中学校の同級生、青砥です。青砥も須藤が中学生の頃好きでした。言い知れぬ強さを感じたからです。青砥は須藤とは違い自分の気持ちをありったけ伝えます。長い期間を経ての再会でも青砥はやはり須藤に惹かれます。大病を患っていようが須藤への気持ちは募るばかり。やっと2人の気持ちが通じ合いそうになった時に迎えた衝撃の結末に、僕の心は大きく揺さぶられました。

僕はすでにとても幸せです。大好きな家族に囲まれ、仕事にも恵まれ、これ以上幸せを望むとバチが当たるとさえ思います。だからこそこの幸せを守るために守りに入ってはいけないのではないかと思ってしまいます。この気持ちのバランスにどう折り合いをつけるかが僕にとってはとても難しいのです。変わりたくないから変わらなくてはいけない。
小説は本当に奥が深い。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー