よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 平場の月
投稿日: 2019/09/08(Sun) 18:26
投稿者USA

『平場の月』(光文社)朝倉かすみ

上手い。上手いというのは文章表現もそうだしストーリーもそうなのです。
表題の「平場」とは「どこにでもある」とか「庶民的な」といったニュアンスがこの小説には含まれています。

50歳のある男女が病院で出会います。その男性は検査入院しており、一方女性の方はその病院内のコンビニでアルバイトをしております。
実はこの男女2人は元々中学校が一緒の同級生。何十年ぶりの再会を機に、今までの人生を振り返るかのようにお互いのことを語り合います。
その語り合いがなんともいい感じで、そして実に上手いのです。なんでもないストーリーのように見えて、その表現の上手さゆえにグイグイストーリーに引き込まれていきます。

『本を読む人だけが手にするもの(小説編)』(よのなかフォーラム出版)皆さまからの推薦本50冊のうち48冊目の書評


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー