よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル チックタック約束の時計台の物語の源
投稿日: 2019/05/04(Sat) 07:39
投稿者カズ

> 能勢の緑に囲まれた中にひっそりと佇む満願寺。
> 絵本の世界とは違って、とても穏やかな時間が流れていました。

 この物語に描かれた古い大きな木の時計台の原木イメージは、作者の西野亮廣さんを連れて昨年行ったラオスのララ村(ベトナムとの国境近くの少数民族の村)にありました。
 そのことを4月に放映された日本TVの「アナザースカイ」で西野さん自身が語っています。

 そうした縁で、私の「WANGアジア希望の学校基金」と西野さんは、この「ララ村」に学校を建てる準備に入りました。
 10校目になりますが、今回もAEFA(アジア教育友好協会)が学校づくりの全てをサポートしてくれています。
 https://www.yononaka.net/wang/


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー