よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 冷たい校舎の時は止まる
投稿日: 2019/04/24(Wed) 12:50
投稿者USA

『冷たい校舎の時は止まる』(講談社)辻村深月

文庫で上下巻合わせて1,000ページを超えます。でもあっという間に読み終えると思います。ストーリーに引き込まれるからです。
とても不思議なストーリーです。とある生徒が自殺をしました。その生徒に関係するクラスメートが異次元に閉じ込められます。その異次元とはこの自殺に深く関わる人の精神世界です。
こう書くとなんだか複雑そうな印象を持たれてしまうかもしれませんが、そこはところがどっこい、さすが辻村深月さんです。とても読みやすい文章、構成となっております。
おそらく誰が自殺したのかを的中するのはすごく難しいと思います。最後まで読まないとその答えはわかりません。

辻村さんの作品を読むのはこれで3作目ですが、やはりどれも面白いです。

『本を読む人だけが手にするもの(小説編)』(よのなかフォーラム出版)皆さまからの推薦本50冊のうち27冊目の書評


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー