よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re: 教員の役割と責任について
投稿日: 2019/02/14(Thu) 05:47
投稿者カズ

> 藤原さんが考える教育界の課題と教師の役割と責任についてお聞きしたいです。

 『藤原和博の創造的学校マネジメント講座』(DVD付き)を読んでいただくとわかるのですが、
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873806577/yononakanet-22

 教師の役割=目の前の児童生徒の分からないことを分かるように、できないことをできるようにしてあげること、だと考えています。
 また、学校の役割は、良い学習習慣と生活習慣をつけてあげる装置である、とも。

 これ以外の全人格的な成長や将来への約束ごとは、「理想論」「べき論」「机上の空論」になりがちで、余計なことまで背負いこむから、かえって教師の機能低下や学校の地盤沈下が起こってしまっています。本来、潤沢な予算や人的資源があるわけではないのですから、できることは限られていて、役割を限定すべきなんです。

 最後に、「分からないことを分かるように」と書きましたが、実は、学校では「分かったつもりにさせる」ことまでしかできません。
 良い先生とは、上手に「分かったつもりにさせること」ができる教師のことを指します。
 本当に「分かる」ためには、自分で予習復習して反復練習しなければ無理だし、次の2つの条件が満たされたら「分かった」と言えるのだと思っています。

 1)自分で問題が作れること
 2)他の子に教えられること

 こう考えてみると、教師って、この2条件を満たす人のことを指しますよね。
 児童生徒も、同じことだと思うのです。ミニ教師を増産しましょう!


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー