よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル Re^2: 短編小説『凪』
投稿日: 2018/12/27(Thu) 01:09
投稿者USA

> いずれにせよ、昭和的な旅館泊まってみたいですよね。^_^
>
> 奈良市在住 ようへい

ようへい様

いつもご丁寧な御感想ありがとうございます。

先日、家族旅行で愛媛の道後プリンスホテルに泊まってきました。そこで給仕してくれたのは若い女性の従業員の方でした。その方のサービスは本当に素晴らしく家族みんなが笑顔になれてとても幸せな時間を過ごせました。
そしてその方とは別にご年配の方も給仕をしていらして、聞いてみるとホテルの女将さんとのことでした。とてもきびきびと動いていらして、お客さんとも実に楽しそうに会話をしていらっしゃいました。
僕はこのホテルが好きになり、このホテルをモチーフにした小説を書いてみたくなった次第です。
やはり従業員の方の接客次第でホテルの印象は良くも悪くも大きく変わるものだと思います。

しかし素人ながらに何度か自作小説にチャレンジしていますが、本当に難しいです。なぜこんなことを性懲りもなく続けているかというと、
@小説を書き続けることでどんな変化が自分で起こるか試してみたい
A下手なりにも自分で小説を書いてみることでプロの凄さが肌で感じられ、小説を読むことが何倍にも面白くなる
からです。すでにAについては筆舌に尽くしがたいくらいの効果があります。自分でテニスをプレイすればウィンブルドンが何倍にも面白くなる、みたいな感じでしょうか。

自分で小説を書くなんて無知をひけらかすようでとても恥ずかしく心が折れそうですが、『本を読む人だけが手にする(小説編)』が終了するまでは、この場をお借りして今しばらくチャレンジを続けたいと思います。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー