よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 新しい奨学金のカタチ
投稿日: 2016/06/09(Thu) 17:03
投稿者HIRO < >

おかげさまで、明日下記のリリースを流すことになりました。
ありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーー
銀座で寿司職人修業。将来自分の店を持つ夢を応援!!
代々木高校 銀座寿司奨学金コース開設

「多様性を認め合い、自分の意思と足で歩いていけるように」をテーマに、一律一斉教育では輝けない子どもたちに、それぞれにふさわしい「育み環境」の構築を進める広域通信制高校の代々木高校では、このたび「銀座寿司奨学金コース」を開設いたしました。

代々木高校では2006年より「伊勢志摩料理人コース」をはじめとする16の奨学金コースを開設しています。働く高校生として協力企業から学費の肩代わりなどの応援を得て、就労しながら働く技術を身につけつつ、高校卒業資格を取得するコースです。

さまざまな理由により中学卒業後に就労せざるを得ない環境の生徒は意外と多くいます。ところが「かわいそう」「みんな一緒に」などの理由で、無理矢理全日制の高校へ進学する場合が多いのです。経済的理由はともかく、そもそも中学を卒業して働くことが「かわいそう」なんでしょうか?

少なくとも職人と呼ばれる世界では、若年期に修業を始めた方が頭も手先も柔軟で技術の習得も早く、そのようにして身についた技術で自分の力で生きていける道が開けるのです。
机上での学習に向いていて学習意欲の高い生徒に「働け」を言うのは、確かにかわいそうでしょう。しかし、現場で覚える方が向いている生徒や自分の体を使って学習するのが向いている生徒あれば、「普通の高校」へ行っても劣等感を覚えるだけではないでしょうか。

技術を身につけ、自分に自信をつけるのに早いに越したことはありません。人生にとってもものすごいアドバンテージを取ったことと言えるでしょう。また、どうしても自分に合わなかったとしても高校卒業時は18歳です。大学へ進学したり、別の分野への就職など進路変更はいくらでもできます。他の学校の生徒達はまだ就職すら意識していない年齢です。全く問題ありません。

「銀座寿司奨学金コース」は、銀座で営業する「すし屋の勘六」で修業してもらいます。親方は浜田山の「勘六」で修業を積み、のれん分け(独立)を許されました。まだ30歳代の独立経営者でもあります。

今現在は何もできなくてもいい、将来の夢に向かって親方の元へ飛び込んでみませんか。

高校の学習は定期的な補習の他に、伊勢志摩サミット開催地の三重県「賢島」で年一度3泊4日のスクーリングに参加して単位を修得し、3年で高校卒業資格を得られます。
寿司職人修業をしながら、無理なく高校卒業資格も取得できる仕組みで寿司職人の修業も単位として認められます。

寮も完備していますので地方からの応募も可能です。
東京銀座で「寿司職人の修業」を始めてみませんか。

お問い合わせは下記まで
代々木高校 東京本部
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-8-2
http://www.yoyogi.ed.jp/LP01
0120-72-4450
(携帯・スマホからは050-3535-2797)
info@yoyogi.ed.jp

すし屋の勘六
東京都中央区銀座8−7−21
第二東成ビル


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー