よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 一条高校よのなか科
投稿日: 2016/05/30(Mon) 05:46
投稿者カズ

> 伊丹から、本日初めて参加させていただきました。
> 感嘆の連続で、息つく間もないほどの1時間半でした。
> マインドマップから起承転結への手法やグループメンバーへのリスペクトやリズムの大切さ。
> 「ハリーポッター賢者の石」の例に倣い、99人が不支持であっても自分だけの真実(仮説)が世界を変えていくこと。
> 数多くのグッとくる教えをいただいて帰りました。

 はい、またどうぞ!
 次回以降の予定は、以下のような感じです。

第5回 6月4日(土)リクルート伝説の善玉ハッカー(政府のセキュリティ対策にも協力している)を特別ゲストに招きます。なぜパスワードやセキュリティが必要か?〜ネット上に個人の履歴が残るというのはどういうことなのか。誰かの個人情報をプロが徹底的に追跡するとどこまで分かってしまうのか?〜情報ネット社会の裏側を垣間見る瞬間。同時にスマホ利用のメディアリテラシーを身につける知識も生徒に提供します。

第6回 6月11日(土)メディアリテラシー第2回「新聞とTVの報道は真実ではなく、記者の目で見て編集された事実だ」です。元日経の記者(新聞協会賞受賞者/現役記者の方だと何かと角が立つと思いまして:笑)とTVディレクター(実はテニス仲間)をゲストに、生徒と参加した大人のクリティカル・シンキング(複眼思考)への目覚めを誘発します。後半の導入では、生徒たちのスマホで隣の大人を動画撮影し、「善玉」と「悪玉」に仕立てるにはどの瞬間の写真を使うかという10分間のゲームを最初に仕掛ける予定です。これは和田中でもやっていた手法。

第7回 6月25日(土)
「奈良発フロンティアへ」の例として、私と仲間が取り組んでいる新型「かき氷製造器」開発プロジェクトを紹介し、生徒たちに新しい「かき氷」のメニュー開発のシミュレーションをさせます。

第8回 7月9日(土)政治を考える(参院選の投/開票日の前日?)

前半は、私が「大きな政府、小さな政府」をやります。
学校の1コマに使われる税金は1000円/1人1コマ(1年間に1人100万円)であることを明らかにした上で、この1000円を学校設置者の教育委員会を通して今のような授業を受けるのがいいか、それとも「バウチャー制」にして、1人の生徒に1000円券を1000枚配る(合計100万円)のがいいか?・・・ディベートを仕掛けます。和田中では、この授業に文部科学大臣が参加したことがあります。ここで明らかになるのは、「自由」と「責任」の関係なんです。

後半は「18歳選挙権」問題を採り上げます。昨年から5回以上参加しているシニア「よのなか科」生を中心にワークシートをデザインし「18歳選挙権」を議論してもらいます。
初の生徒による生徒のための「よのなか科」授業です。

第9回 7月16日(土)「高校とは何か?」「高校時代に何が大事なのか?」を考えるキャリア教育
大人たちと高校時代を語ろうという企画です。
保護者や大人の参加者は普段息子や娘に自分の高校時代の話なんかしないでしょうから、我が子の友達に語ってもらいます。参加した外部の大人たちにも「ナナメの関係」で。

これ以降は、あくまで予定です。夏休み明けに、一条高校のホームページで確認してください。

第10回 9月10日(土)「制服問題を考える」
1コマ目:制服の問題をディベートする〜あなたは私服派?制服派?
2コマ目:実際に「新しく、ネオジャパネスクで、しかも奈良らしいフォーマルウェアとは?」

第11回 9月17日(土)この日が「なら国際映画祭」。生徒が作った「なら国際映画祭」参加作品の短編を上映するつもり。また、一条高校出身のサッカー界の風雲児、浜田満・アメージング・スポーツ・ラボ社長が来てくれる予定です。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー