よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル TVゲーム自論・セーブについて
投稿日: 2016/05/17(Tue) 02:34
投稿者駄菓子明太子

ごめんなさい。ぜんぜん世の中について、じゃない話になるのですが、TVゲームについての疑問です。

「セーブ」って、できるようになって、それって、良かったことなんですかね?

アクションゲームに限っての話なんですが、セーブができるようになって、ろくなことがないのです。まず、アイテム収集を、コンプリートさせることを、(心理的に)強制されるようになった。

そして、それより問題と感じるのが「うそでも、いちどクリアしてしまえば、それでOK」ということに、なってしまっていることです。

セーブが出来る前のアクションゲームは、そうじゃ、ありませんでした。まず、クリアできない場所ってのが、出て来る。それに対して、必死に何度も練習する。

「クリアできた!」そう、喜んでみた所で、じゃあ、また次に、その場所って、問題なく、クリアできるか?となると、クリアできない。「たまたまクリアできた」というのと「熟知した」というのは、違う。という構図があったのに、これが、混同されるようになった。「やり逃げ」なんです。「昨日のことは、昨日のこと、今日は、今日。」とも、もう、言えない。

その問題に対しての、アンチテーゼというか、問いかけというのか、やってたのは、「トルネコの大冒険」だったり「風来のシレン」だった訳ですけど、今になって、エミュレーターで、それを確認しようとしても、エミュレーターでは再現できない箇所に、ぼくの言いたいトラップは、実装されてたり、じゃあ、当時のカセットを手に入れて遊べばいいのか?って、今はもう、バッテリーが切れてるはずだから、これもだめなんですよね。

(ネット環境を揃えることが、ふつうになってしまった今となっては、時代錯誤のことを言ってるかも??という問題点に、気づいたのですが、その環境については、知らないし、書いたそのままを投稿してみます。)


駄菓子明太子


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー