よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 『親なるもの 断崖』
投稿日: 2016/01/30(Sat) 21:55
投稿者カズ


 『ギリシャ人の物語』は非常に読みやすい本でした。
 単純に地図を伴った歴史ものとして楽しめますし、民主主義とは何か、を問いかけてもいます。

 ネパールの震災でダメージがあった学校の改築プロジェクトでビジネスパートナーをやってくれている国際学校建設協会の石原理事長に勧められて復刻したコミック『親なるもの 断崖』(宙出版)の第一部、第二部を読みました。
 室蘭の女郎屋を舞台にした史実に基づくストーリーで、かなり深く辛い内容でした。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー