よのなかフォーラム
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル マルコム・グラッドウェル「天才!」を読んでいて
投稿日: 2016/01/24(Sun) 13:10
投稿者satoshi

藤原先生の講演、また書かれた本の中で一万時間の勉強についてお聞きし、タイトルの本に辿り着きました。
読んでいて気になったことがあります。
それは、一万時間で得られる技術と、それを活かす機会についてです。
技術は自分の努力で得られると思うのですが、機会については自分がどこに身を置いたかで決まる、運の面もあると思いました。
昨年から「塾でよのなか科をやりたい」と思い取り組んできて、ようやく次年度、開講まで持っていくことができました。
振り返ってみて、数多くの機会に恵まれてここまできました。

・高濱先生、樋渡さんのお話を聞いた
・そこで藤原先生の名前を聞いた
・調べてみてよのなか科の存在を知った
・仲良くしてもらっている美容師から「やりたいことをもっと人に話していった方がよい」とアドバイスをもらった
・藤原先生の講演を聞きにいった
・その講演の日に約束していた知り合いによのなか科のようなことをやりたいと話したら、いろいろアドバイスをもらった
・よのなか科を実践する機会を得られた
・評判が良く、開講につながった

全てが偶然うまく繋がったように思い不思議でなりません。
運が良かったと言えるのですが、今後また別のことを進めていこうと思うと、努力と同時に機会をつかんでいかなけばならないと感じています。
藤原先生の中で、機会をつかんでいくためにされていることはあるのでしょうか。教えていただけることがあればお聞きしたく思います。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー