[リストへもどる]
新着記事

タイトル細雪
記事No5065   [関連記事]
投稿日: 2019/12/13(Fri) 18:43
投稿者USA
『細雪』(新潮文庫)谷崎潤一郎

文庫3冊でおよそ1,000ページ。
かなりの長編です。

主人公は4姉妹。舞台は大阪と神戸芦屋です。
この4姉妹はいわゆる上流階級の出です。
長女鶴子と次女幸子は結婚しています。三女雪子と四女妙子はまだ未婚。
長女の家庭がいわゆる本家にあたり、他は分家となるため雪子と妙子は芦屋にある幸子の家庭に居候のような形で同居しております。

雪子はお見合いを繰り返します。
上流階級のため妥協した婚約はできない。だからあーでもないこーでもないと言っているうちに、本人の内気な性格も相まってどんどん婚期を逃していきます。
そして四女妙子。妙子の性格は奔放そのもの。婚約相手のようなものがあるのですが、雪子が先に結婚しないことには世間体が悪く自分が先に結婚できません。
しかし妙子は人形作りや洋服作り、習い事にと興味は尽きず、女性が家庭に入ることが当たり前の時代において結婚の優先順位は高くありません。

時代背景が今とかなり違うので、時々「?」がいろいろ頭を過ぎるのですが、それを差し置いても谷崎潤一郎の人物描写はやはり見事と言わざるを得ないでしょう。
日常生活が話題の中心なので、作品の成否は人物の心情描写にかかっていると思います。それがやはり素晴らしい。
四姉妹のキャラクターというか性格の設定が明確なので、作品のどの場面を切り取っても
「いや、幸子はそんな風には思わんやろ〜」といった矛盾した描写がないのです。だから長編であってもすんなりストーリーが頭に入ってくるのです。

僕は登場人物の中で幸子の夫である貞之助が漢気があって好きです。谷崎潤一郎自身がモデルなのかな?

『本を読む人だけが手にするもの(古典編)』自薦または他薦本50冊のうち5冊目の書評

タイトルRe: 腹をくくる
記事No5064   [関連記事]
投稿日: 2019/12/08(Sun) 19:38
投稿者カズ

 どの会社や組織に属するかではなく、何の仕事をマスターするかの方が100倍大事です。

 まず一歩目として、「この仕事ならできる」ということ(営業でも経理でも宣伝でも)を1万時間(だいたい5年から10年)かけてマスターしてから、悩んでください。

 最初はあちこち試してみてもいいのですが、20代のうちに5年間しっかり取り組める仕事について、30代前半までに、自分の技術として身につけたほうが得策だと思います。

タイトル腹をくくる
記事No5063   [関連記事]
投稿日: 2019/12/08(Sun) 15:46
投稿者よし < >
こんにちは。
私都内で太陽光発電の会社に入社して2年目の25歳になります。はじめはモチベーションも高く仕事に励んでいたのですが、2年目になると仕事も慣れてきて本当にこの会社でいいのかと悩んでいます。元々地球温暖化に関心があったのでそれに関する仕事ができればいいかなとおもって就職したのですが、これからのこと考えると安定したいなと言う気持ちも出てきて環境問題にかかわれる公務員にしようかなとも思っています。けどずっとそこに勤める覚悟がまだ持てなくてモヤモヤしているのですが、どう決断したらいいのでしょうか?

タイトルRe: 理系の子
記事No5062   [関連記事]
投稿日: 2019/12/06(Fri) 01:07
投稿者ようへい
USA様

書評ありがとうございます。

数学オリンピックなどの想像を超える知の大会は、数学が好きすぎて時間が経過することを忘れてしまうような才能の戦いかと思っていましたが、科学オリンピックは奨学金のためなどのために人生をかけて頑張る人にも戦いの余地があることは驚きです。

そして事象に対する仮説を立て検証する能力はまさに 情報編集力ですよね。

大人になると なんだか いろんな事に対する感度が落ちているような気がしますが、仮説と検証を忘れないようにしなければ・・

奈良市在住 ようへい

タイトル哲学と宗教全史
記事No5061   [関連記事]
投稿日: 2019/11/30(Sat) 07:15
投稿者USA
『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)出口治明

僕はすっかり出口さんのファンなので、この本も定点観測している本屋さんに並んであったので手に取りました。

さて本書ですが、歴史は哲学や宗教を通してどのような変化を遂げていったのかを体系的に説明してくれています。この本を読むと国を引っ張るようなリーダーにはつくづく哲学が必要であることがわかります。ローマ帝国の繁栄もそこにあったのかもしれません。

さてさて現代において真のリーダー、つまり哲学と宗教を理解したリーダーはいるのでしょうか。

タイトルサードドア
記事No5060   [関連記事]
投稿日: 2019/11/29(Fri) 22:11
投稿者カズ
 平台に乗っているビジネス書の中で、非常に美しい白の表紙なのですが、何の本だか、さっぱりわからないのが『サードドア 精神的資産のふやし方』アレックス・バナヤン(東洋経済)です。

 もったいない!

 でも、この本は、10代、20代、30代の読者にイチオシ。
 どれほど無謀でいいのか、どれだけ恥をかいていいのか、が納得出来る。

 大学の授業で講義を受けるより、ビルゲイツやクリントン、レディ・ガガやスピルバーグに直接、彼らの第一歩目の若気の至りの話を聞けたらどんなにいいだろうと著者は思いつくのですが、たいていは思ったままで終わりますよね。
 それを、実際に行動してみた結果、どれほどの試行錯誤があったかを赤裸々にドキュメントしてくれています。

 その失敗談の数々がどうつながって、結果的に「本の出版」という結果につながっていくかは、読んでのお楽しみ。まさに、情報編集力=つなげる力の手本のようなチャレンジ。

 どんなことでも、行動していく先には、みんなが列をなして並んでいる表の正面ドアと、あらかじめVIP用と決まった裏口のドアの他に、第三のドアがあるというので、このタイトルがつきました。

 帯には、いつだって、そこにある「成功への抜け道」何者でもない自分の、何者かになる物語。とあります。

 ダイヤモンド社が社運をかけて出した『1兆ドルコーチ』の数倍いいし、ハラリ氏の3冊目である『21Lessons』(これはガッカリ)より、はるかに読みごたえあり。
 翻訳者が、あのナイキ物語『シュー・ドッグ』を訳した人物だからかもしれないが、翻訳ものとしては極上に読みやすい本。

タイトル理系の子
記事No5059   [関連記事]
投稿日: 2019/11/29(Fri) 19:00
投稿者USA
『理系の子 高校生科学オリンピックの青春』(文藝春秋)ジュディ・ダットン

アメリカにはオリンピックの科学版があるようです。その科学オリンピックに挑戦する高校生のドラマです。
13人の高校生が紹介されているのですが、そのバックグラウンドは様々です。病気を抱えていたり、両親が離婚していたり。そんな彼らにとって科学オリンピックで賞をとることは名誉だけでなく大学進学に必要な奨学金が得られるため、それこそ人生を掛けている生徒もいるのです。
僕は中でも馬に目をつけた女性にとても感心しました。彼女は馬に囲まれ育ちました。馬といるときが彼女にとって何よりの幸せ。彼女はそのことに対し「なぜなのだろう?」と疑問を抱きます。もしかしたらこの馬の癒しは他にも応用できるのではないかと彼女は考えるのです。
彼女は実験を試みます。PTSDに苦しむ警官に声をかけ「馬セラピー」を実施しました。
心に傷を負った警官の声に馬はただただ優しく耳を傾けます。そして警官は心の荷が降りるといった検証結果を彼女は得ました。

この本に登場する生徒は誰もがみな好奇心旺盛で、だからこそ様々なことに対し「なぜアンテナ」がビンビンと立っているのだと思います。
自分の子供にもいろんなことに興味を持って欲しいと思いました。

『本を読む人だけが手にするもの(ノンフィクション編)』自薦または他薦本50冊のうち5冊目の書評

タイトルAI崩壊 1月31日映画公開
記事No5057   [関連記事]
投稿日: 2019/11/25(Mon) 01:12
投稿者ようへい
来年1月末に映画が公開予定である「AI崩壊」を読みました。

作品は2030年の日本が様々な分野の管理をAIに委ねている未来のことです。

作者は、廃校先生の作者でもある浜口倫太郎さんで、作品自体は総じて牧歌的な廃校先生と異なりかなりシリアスな内容となっています。

この作品の根幹は、現在日本で起こっている様々な問題に対する回答を我々は覚悟を持って選択する必要があるということと、正義とは何か、そして人の繋がりは究極的には愛情によって紡がれていく(紡がれるはずだ)というメッセージであるように思いました。

作品に登場する二人の天才の息詰まる攻防戦は昔映画となったハリソンフォードの逃亡者、デスノート、24の要素が混在となった感じで完全に魅了されてしまいました。
でも実は私が一番好きな登場人物は人間味にあふれる記者の富永だったりします。
良い味出してるんですよ。本当に。笑

また作品の所々に出てくるアナログ的な要素やユーモアには作者の思いが込められていて共感せずにはいられません。

私は1日で読了してしまいました。寝不足注意の作品です。(^_^)

奈良市在住 ようへい

タイトルRe: 英国一家、日本を食べる
記事No5056   [関連記事]
投稿日: 2019/11/25(Mon) 00:34
投稿者ようへい
USA様ありがとうございます。

文化とは、なにか。
食文化を知るものが高尚なのか。陶芸を知るものが高尚なのか。
ガンプラじゃだめ? ソシャゲーはだめ?
ヘビメタはだめで、クラシックはOK?

いろんなことを考えます。

文化的な豊かさと効率性は相反するのか、同居できるのか。

文化は語ることが多いと感じていますが、
周りを傷つけず本人の幸福に寄与するのであれば、私は文化として認めたい。かな。

奈良市在住 ようへい

タイトルRe: インスピレーション童話『自由』
記事No5055   [関連記事]
投稿日: 2019/11/25(Mon) 00:29
投稿者ようへい
USA様

面白い例えですね。

私は、かつて受験少年院と言われた学校に通っていました。
そして大学でもそれなりに忙しい理系学部に通っていましたが、受験少年院でのタフな状況からすると有り余る自由を手に入れました。
しかし、自由に対する価値は受験少年時代の時の方が遙かに高く自由時間を燃焼していた記憶があります。

幸せを感じる事で最も重要な要素は、少し足りない感じ だと思います。

奈良市在住 ようへい