[リストへもどる]
一括表示
タイトルこの掲示板の20年以上の歴史
記事No5527
投稿日: 2020/11/14(Sat) 05:48
投稿者カズ
 「よのなかフォーラム」掲示板を開設して20年以上が経ちます。

 もともと「よのなかnet」そのものは、私がリクルートを辞め、フェローとして独立した時、事務所を持つよりホームページを名刺代わりに充実させようと考えたことがキッカケでした。
 青山あたりに格好をつけてオフィスを持ち、車を買って秘書を雇えば年間1500万円の維持費はかかるでしょう。それより、10分の1の150万円かけていいからHPを維持できれば、今日でいう「働き方改革」になるし「新しい生活様式」にもなる、と。

 その時期に、このHPのwebマスターとなるサウザンズの千田さんとの出会いもありました。
 千田さんのご自宅で、当時千田さんがHP制作に協力していた時任三郎さんとその友人で、のちに和田中テニス部顧問となるミュージシャンの深田悦之さんと食事させてもらったのを思い出します。

 おかげさまで「よのなかフォーラム」掲示板は2万5000発言を超え、藤原の関係者が意見交換する場として定着しました。カウンターは今No.5527ですが、実はこのプログラムの開発者が2万を超えることを想定していなかったらしく、2万回で一度「0」に戻った経緯があります。

 しかも、IDパスワードなしで入ってこられる超オープンな場であるにもかかわらず、20年間一切荒れたことがない。これは「ネット上の掲示板界の軌跡だ!」ということで、当時TBSラジオの森本タケローさんの「スタンバイ!」に一緒に出ていたアスキーの編集長が感動して、賞をくれたこともありました。

 意識が高く、質の高い方々が参加してくださっているので、自然に守られているんですね。
 一度、勘違いして入ってきた一言族が「やべっ」「アホ」「クソッ!」と(誰かを無意味に批判しようと)やったことがあったのですが、「アレッ、なんか違うんじゃね、ここ」とすぐ出て行きました。発言者同士のケンカっぽいこともあるにはありましたが、それも、常連が上手にいなしてくれました。

 ある程度の長文をかける人は、やっぱり本を読んでいる(心に余裕のある)人なのかなあ、とも想像します。ここでは、絵文字や写真や動画やファイルで誤魔化すことはできませんから。
 どうしても、素が現れてしまう・・・初回は皆、ビビったかもしれませんね(笑)。

 ここに連載を持って、実際、ちくま新書からデビューを果たした常連もいました(親と子の「よのなか科」)。何度かのオフ会も開かれました。
 また、現在は『本を読む人だけが手にするもの』で評した絵本を含む50冊の本を皮切りに、乱読を続けることで自分の中にどんな変化があるかを観察し続けている修験者のような人物も登場しています(私も33歳から30年以上100冊以上読んで4000冊に到達してますから同類です)。

 こうした、本を読み、生講演や研修を体験し、YouTubeでちょっとでも意識を変えた個人が、日常を哲学すること(私は臨床ではなく、臨象哲学と呼んでいます)にもっと深く関われないか・・・そんなことを考え始めています。

 リクルートから独立して25年経った今、皆さんと育ててきた「よのなかフォーラム」を見直し、進化させるためにはどうしたらいいか。
 どうしたらもっと使いやすく、もっと濃いコミュニケーションが成立するのか。

 コミュニティのちょっとしたイノベーションにご期待ください。
 少しづつ、ここで、今後どうするのか、将来の姿を明かしていければなと思っています。

タイトルRe: この掲示板の20年以上の歴史
記事No5528
投稿日: 2020/11/14(Sat) 10:19
投稿者松井の母
私自身が「よのなかフォーラム」に住み始めて何年になるでしょう。

和田中のよのなか科の授業に参加したのが始まりでした。たしか、夏休み明けの授業・・・詳しい日付は覚えていないのですが、10年以上前であることは確かです。

このフォーラムからはたくさんの学びがありました。そして、今もあります。これからどんな風に進化していくのか楽しみです。

今、私にできること。まず、カズさんの「本を読む人だけが手にするもの」の50冊のお勧めの本を読破したいと思います。さて、いつ読破できるでしょうか。いま、チェックしたところ、読んだことのある本は10冊でした。あと、40冊、がんばります。

タイトルRe: この掲示板の20年以上の歴史
記事No5529
投稿日: 2020/11/14(Sat) 10:52
投稿者谷川陽祐
私はまだ、この掲示板の初心者ですが、
藤原さんや常連さんの投稿を見せていただいて
日々、刺激を受けております。


藤原さんの著書を読み進めていくと、
「むっちゃわかる〜!」と共感したものの、
10年以上前に刊行された本と知って驚きます(笑)
もっと早く読みたかった…
と言っていても仕方ないので、これからどんどん読んでいきます。


リニューアル、楽しみにしてます。
さらに盛り上げていきたいですね!

タイトルRe: この掲示板の20年以上の歴史
記事No5530
投稿日: 2020/11/14(Sat) 16:52
投稿者USA
>  また、現在は『本を読む人だけが手にするもの』で評した絵本を含む50冊の本を皮切りに、乱読を続けることで自分の中にどんな変化があるかを観察し続けている修験者のような人物も登場しています(私も33歳から30年以上100冊以上読んで4000冊に到達してますから同類です)。
>
>  こうした、本を読み、生講演や研修を体験し、YouTubeでちょっとでも意識を変えた個人が、日常を哲学すること(私は臨床ではなく、臨象哲学と呼んでいます)にもっと深く関われないか・・・そんなことを考え始めています。

僕がこのフォーラムに初投稿させていただいたのは2017年5月。それから現在に至るまで、約3年半もの間ずっと投稿を続けております。
そもそもなぜ投稿を始めたのか。
それは子供が産まれたことを機に、出世の階段を一旦降り、自分の人生を見つめ直したからです。人生を見つめ直すにあたり僕は本を読むようになりました。
その過程で藤原さんの著書に出会い、このフォーラムへの投稿に至った次第です。

読書で手にしたものは数あれど、人の縁もそのひとつ。まさか読書で人との繋がりができるとは夢にも思わず。その繋がりのおかげで今もこうしてチャレンジを続けております。
これからも何卒よろしくお願いいたします。

タイトルRe: この掲示板の20年以上の歴史
記事No5531
投稿日: 2020/11/14(Sat) 19:59
投稿者学浩
>  「よのなかフォーラム」掲示板を開設して20年以上が経ちます。
>
>  コミュニティのちょっとしたイノベーションにご期待ください。
>  少しづつ、ここで、今後どうするのか、将来の姿を明かしていければなと思っています。

2008年の学校支援地域本部のキックオフミーティングでご挨拶をして
から、私のおっかけが始まりました(笑)。たぶん、リアル藤原の
講演は、25回以上聞いております。つくばの研修センターでの管理者
研修会などには、かばん持ちで後ろの席で聴講していました。

おかげさまで、地域学校協働活動では、私自身が国社研や代々木の
オリセン、さらに霞が関において話す機会を与えられるようにも
なりました。ありがとうございます。また、昨年は、説明の仕方が
上手ですねとも言われました。すべて、藤原トークのパクリです!!

さて、この掲示板を日々見て、いつも驚きがあるのは、初めての
投稿者の質問にも、丁寧に長文で返事を書かれる藤原さんのスタンス
です。また、このような際に返信されている藤原さんの文章で
学びを深めています。

革新的な取り組みを今後もされるようですが、また、現場で見せて
いただきたいと思います。追っかけを続けます。掲示板もチェックし
ていきます。

さまざまなツールでの学びを機会を与えていただき、大感謝です。

タイトルRe^2: この掲示板の20年以上の歴史
記事No5532
投稿日: 2020/11/14(Sat) 21:51
投稿者なべこ
藤原さんの講演会を初めてきいたのは和田中の校長先生になられる前でした。それから授業見学に何度も伺い、図書室改造のお手伝いもそれここそ一からやらせていただき、そこでの経験を活かして娘の中学校の図書室も改造することができました

社会人になった娘たちが、本好きに育ったのは、図書室改造での学びのおかげです。和田中図書室で見かけた面白そうな本を図書館で次々と借りて置いておきましたから。

特に読め読めと言わなくても置いておくだけで、勝手に読みたければ
どんどん読んでいたようです。

掲示板は最近復活したので、常連とはとても言えません。映画、本、
美術が好きなので、これはいいな、と思うものがありましたらご紹介させてください。これからもよろしくお願いします。
冨士高の取り組みにも注目しています。

タイトルよのなかフォーラムを移築します
記事No5534
投稿日: 2020/11/15(Sun) 09:41
投稿者カズ
> 藤原さんの講演会を初めてきいたのは和田中の校長先生になられる前でした。それから授業見学に何度も伺い、図書室改造のお手伝いもそれここそ一からやらせていただき、そこでの経験を活かして娘の中学校の図書室も改造することができました
> 。
> 社会人になった娘たちが、本好きに育ったのは、図書室改造での学びのおかげです。和田中図書室で見かけた面白そうな本を図書館で次々と借りて置いておきましたから。

 オーッ、素晴らしい!

 実は「よのなかフォーラム」掲示板はその耐用年数を終えたので、ここでの機能を別のプラットフォームに移築する計画をしています。なべこさんも、できたらそのままお付き合いください。

 12月末でこの掲示板を閉じ、ネット上に「朝礼だけの学校(あさがく)」というまったく新しいサブスクスタイルの学校を開校予定で準備しています。
 そこには当初4教室設置するのですが、「図書室」がちょうどこの掲示板の役割です。

 「朝礼だけの学校(あさがく)」は、人生100年時代の処生術を学ぶ、中高生と大人が一緒になった塾か寺子屋のような存在で、書籍やYouTubeのファンや講演や研修の参加者の、かなり手厚いフォローの意味も兼ねています。

 1月からプレスクールを開き、3ヶ月試行錯誤して4月からサブスク型のスクール運営に移行します。概要を以下に示しますから、よかったら参加してみてください。

 まず、今年65歳の誕生日(11月27日)から毎朝6:54に5分間(7時には終了)、YouTube上で「めざまし朝礼」を行い、これを3月まで続けて「朝礼だけの学校」開校につなげます。

 ログを残しますから必ずしも生で観る必要はありませんので、ご安心ください(微笑)。

 2021年1月から3月までを無料お試し期間として、4月からは中高生から月500円(ワンコインで月20回以上のミニよのなか科が受けられ、ナナメの関係で対話もできる)、高校を卒業したらいくつになっても1000円(大人料金)の月謝をいただき、運営費をカバー。

 万が一流行って売り上げが予想を超えても私の収入に加える気はないので、コミュニティに再投資するか、妻が長くボランティアを続けている社会福祉法人「子どもの虐待防止センター」に寄付するつもりでいます。

 まず「よのなか科の教室」と「人生の教室」「図書室兼バザーの部屋」「デザイン/美術・技術家庭科室」の4教室を設けますが、このコミュニティの起動に、よかったら個人として協力してください。

 すべての生徒は同時に先生でもあるという仕掛けです。

 もし学校で演じたい役(学校の中の役割/給食のおばさんとか養護教諭とか)があれば、肩書きを自由に付けて演じてくれてもいいですよ。
 たとえば、「炎の図書室司書」とか「読書の刃(やいば)」とか。

 藤原の仕掛ける「学校ゲーム」で、一緒に遊んでいただければ幸いです。

タイトルRe: よのなかフォーラムを移築します
記事No5535
投稿日: 2020/11/15(Sun) 16:18
投稿者なべこ
藤原さん、お誘いありがとうございます。
ワクワクしますね!ぜひ参加させてください。(いい時に出戻ってきて
よかったです。笑)
朝礼は私もリアルタイムは厳しそうですが。(苦笑)

図書室はもちろんデザインの部屋もいいなぁ。
商品開発とかできたら楽しそうですね。
楽しくなってきました。

タイトル文字は死なない。
記事No5537
投稿日: 2020/11/17(Tue) 22:54
投稿者ようへい
藤原先生

全てはyou tubeでのグロービスの講演がきっかけでした。

平城京近くにある一条高校は、我が家から自転車で25分程度のロケーションであったこともあり、実際に藤原先生とその周囲の方々の熱量に触れることができました。

現在は、今までの人生の結果であり、未来の原因である。

「様々な点である事象が線で繋がる感覚」に導かれ、このフォーラムにたどり着きました。

今の私のこのフォーラムでの立ち位置は
USA様の全チャレンジを見届けることで自分に起こる反応を検証する係です。笑

世の中は、you tubeでの発信が全盛です。
文章から写真、そして動画へと。
でも、人間の思考の原点は、やはり文字です。
文字無くして思考はできません。

そういう意味では藤原先生の
絵文字や写真や動画やファイルで誤魔化すことはできません。
という言葉は深く納得します。

希少性の観点から、私は文字での発信を続けていければと考えています。そうすることでロジカルシンキングのトレーニングをしているのかもしれません。

ただし、本業では理解のため動画コンテンツを英語のサブタイトルで発信してたりもします。笑


藤原先生の65才からの新たなチャレンジに携われるのもきっとなにかに導かれた結果だと感じています。

6時54分を毎日楽しみに、精進し続けます。

奈良市在住 ようへい

タイトル朝礼だけの学校(あさがく)の秘密
記事No5541
投稿日: 2020/11/18(Wed) 06:22
投稿者カズ
> 「様々な点である事象が線で繋がる感覚」に導かれ、このフォーラムにたどり着きました。

 では、ワクワク、じわじわと「朝礼だけの学校(あさがく)」の秘密を明かしていきましょう。
 不定期連載ですが、意見があったら、どうぞ、続けて述べてください。どんな意見でも結構です。

 江戸時代の寺子屋では、教科書は手紙文の往復書簡だったそうですが、現代なら、安心して書き込める会員制の掲示板でのコミュニケーションでしょう。

 この学校では、英数国理社のような教科の知識を教える授業はしません。
 当初は「朝礼」だけの学校として開校し、やがて部活動を広げていきます。
 
 部活や課外活動を次第に増やし、会員同士の先輩後輩関係つまり「ナナメの関係」でものごとが動いていくようにしたいのです。将来的には顧問の先生がいてもいいですね。文化祭も体育祭も、実施の仕方をみなさんと一緒に考え出したいと思います。

 この学校の先生は、中高生を含めて、あなたです。

 「朝礼」のお題に対してのお互いの発言を通して対話的に学んでいきますから、あなた自身の発言が他の参加者にとっての刺激になり、学びになるという構造です。
 もちろん、得意な領域のことは堂々とオタクっぽく語ってくれて構わないし、それぞれの分野で、天才キッズとまで呼ばれなくても、ミニ専門家やミニ先生がいっぱい出てくると嬉しいですね。

 やがて、部活の顧問も、あなたに任せることになるでしょう。
 ここでいう「あなた」は、「よのなかフォーラム」掲示板の皆さんのことであり、また、4月以降は中高生も入ってくることになると思われます。

 実際、全国の塾の塾頭から、早く児童生徒とその親に教えたいので「朝礼だけの学校(あさがく)」のURLを教えてくださいという要望も届いています。
 もちろん、皆さんには準備が整ったら、お教えしますね。

 それまでは11月27日からの「朝礼」を眺めて(生放送でなくてもいいですから:笑)、年内は「よのなかフォーラム」にコメントをもらえれば嬉しいです。
 中身もそのうちチラッとだけ明かしますよ。

 将来的には、文化祭や体育祭もやりたいんです。私のライブ講演会をネット上で開いて、その仕切りをやってもらってもいいですね。その場合には収入が発生するようにもしたい。
 この学校がつくる安心のコミュニティ内で、イベントを仕切ることでちょっとした稼ぎにもなる仕掛けです。

 コメント上の発言でも、部活でも、文化祭や体育祭でも、軽い失敗をたくさんさせてあげられる機会がある学校にしたいんです。安心して失敗できる居場所。

 アンチ「正解至上主義」で、失敗と挫折も学べる学校の開校にご期待ください!

タイトルRe: 文字は死なない。
記事No5542
投稿日: 2020/11/18(Wed) 14:36
投稿者HIDE555
ようへいさん
こんにちは。

> 世の中は、you tubeでの発信が全盛です。
> 文章から写真、そして動画へと。
> でも、人間の思考の原点は、やはり文字です。
> 文字無くして思考はできません。

共感します。今のこども達(大人も?)は、文字の変わりにスタンプを使ったり動画での説明を求めたりするので、思考力が育たないのではないか?と感じています。
文字での発信、応援します。

とはいえ…このまま世の中が音声や動画を中心に回っていったらどうなると考えますか?

「読者のないものは果たして作品と呼べるのか?」
外山滋比古さんの書籍で「読者論」について書かれていたものがあったのが印象に残っています。(確か「乱読のセレンディピティ」)

文字の楽しさを知っている大人が、そのことを子供に伝えていけば、そんなことにはならないような気もしますが…。

タイトル大人が楽しそうに読書すると
記事No5543
投稿日: 2020/11/18(Wed) 21:49
投稿者カズ

> 文字の楽しさを知っている大人が、そのことを子供に伝えていけば、そんなことにはならないような気もしますが…。

 そうなんですね。
 大人が楽しそうに読書をする姿を見て、子どもも読書するようになると思うのです。

 なので、和田中では、それまで朝読書の時間に担任以外の先生は職員室でコーヒーを飲んでいたり、印刷室でプリントを作っていたりしたのですが、全て止めてもらって、副担任も含めて教室に上がり、担任以外も教室に入って立ち読みしてもらうことにしました。

 パチンコの本でもいいから、表紙だけはそれっぽくカバーして、とにかく大人が本を読む姿を毎日しつこく目撃させたいのだ、と。
 嘘でもいいから、楽しそうに読んでくれ、と。

 保護者にも、そのように伝えていました。
 息子や娘を読書する子に育てたいんだったら、お父さん、お母さんが家庭で楽しく読んでる風景が必要なんですよ、と。

 また、校長室も扉を開けっ放しにして、授業の前後に校長室の前の廊下を通って職員室に教材を取りに行く生徒たちに、私が本を読む姿をそれとなく見せたりもしていたんです。
 これは、わざとらしかったようですが・・・(苦笑)。

 大人の学んでいる姿こそ、子どもにとって最強の教材になるからです。
 刷り込み効果ですよね。

タイトルRe: 大人が楽しそうに読書すると
記事No5545
投稿日: 2020/11/20(Fri) 14:46
投稿者HIDE555
こんにちは。

>  そうなんですね。
>  大人が楽しそうに読書をする姿を見て、子どもも読書するようになると思うのです。

納得です。子供って小さいうちは親のマネをしたがりますよね。
というよりも親と一緒が嬉しいんだと思っています。
私は神社が好きなんですが、うちの子たちは幼稚園のころ「今度の休みに神社に行こう」と言うと「やったー!」と大喜びでした。
本当に面白かったのかな…?

ところで、最近『本を読む人だけが手にするもの』の巻末にある前田さんのエッセイを読んで、星新一の作品を初めて知りました!ハマってます。
こんな作品を私が生まれる前の時代に考え付いたなんて驚きです!
小学生の頃に出会いたかった。

朝、子供が学校の準備をしている横で読む姿を見せ付けることにします。

タイトル11月27日からの目覚まし朝礼
記事No5546
投稿日: 2020/11/20(Fri) 21:45
投稿者カズ
> ところで、最近『本を読む人だけが手にするもの』の巻末にある前田さんのエッセイを読んで、星新一の作品を初めて知りました!ハマってます。
> こんな作品を私が生まれる前の時代に考え付いたなんて驚きです!

 星新一さん本人とは銀座のリクルート本社裏にあった「まり花」という文壇バーで会いました。私が彼の作品の中の、バスの中で地底人の声を発してしまう物語『夢魔の標的』の話をすると「そんなの書いたっけなあ・・・?」というから文庫を買って届けたり。いい思い出です。背の高い人でした。

 ところで、来週27日から3日間の「目覚まし朝礼」のネタを明かします。

 11月27日(金)はさすがに予告編(試験放送)ですから、「朝礼だけの学校(あさがく)」って何?を5分で語ります。

 「朝礼だけの学校(あさがく)」は、あなたの人生に伴奏する、こんな学校です。
 1、学校では教えない、親も教えてくれない、会社に入っても上司に聞くわけにはいかない、よのなかの道理や処生術について、大人も子どももなく教えちゃう。
 2、とにかく「情報編集力」がつく。超アナログに、遊び心で。
 3、土日は不定期だが、藤原和博の部屋(校長室?)にあるもの(ガジェット)を題材に、親子や上司部下、そして先生と児童生徒がディベートやブレストできる題材を豊富に提供する。

 28日(土)漢字って面白い!「月(にくづき)」で新しい漢字を探求・創作しよう。
 29日(日)東京都に日本を象徴する新しい観光名所を作るとしたら、何をつくる?(具体例も示します)

 休日は、「情報編集力」がつくお題を出していきます。
 親子で、先生生徒で、上司部下でも、話題になるように。

 時間があったら、自分で考えてみてください。

タイトルRe^2: 文字は死なない。
記事No5551
投稿日: 2020/11/23(Mon) 22:05
投稿者ようへい
ご感想ありがとうございます。

映像を否定するわけでは無いですが、映像によって伝えたいことも、メッセージだと思います。

なので、やはり文字がベーシックに必要だと言う結論にならざるを得ないのです。

思考の言語化は、文化の根幹で有り、至上の娯楽でもあります。

引き続きよろしくお願いいたします。

奈良市在住 ようへい