[リストへもどる]
一括表示
タイトル絵のない絵本
記事No5507
投稿日: 2020/11/05(Thu) 05:47
投稿者USA
『絵のない絵本』(角川文庫)アンデルセン

『わたしは、ある大きな劇場を見おろしたことがあります』と、月がいった。

33作の短編集がすべてこんな書き出しでスタートします。どことなく宮沢賢治を思わせる作風です。アンデルセンの目線で語られているのですが、さらにそれを俯瞰的に物語を描いているのです。素晴らしい想像力です。

『本を読む人だけが手にするもの(海外文学編)』50冊のうち14冊目の書評(1000冊のうち173冊目)

タイトルRe: 絵のない絵本
記事No5540
投稿日: 2020/11/17(Tue) 23:13
投稿者ようへい
絵のない絵本・・中々センセーショナルなタイトルですね。

ブレインストーミングすると
動物のいない動物園
カツのないカツカレー
ネットのないネットカフェ
・・・文学的センスゼロの自分を再発見してしまいました。涙・・

奈良市在住 ようへい

タイトルRe^2: 絵のない絵本
記事No5547
投稿日: 2020/11/20(Fri) 22:29
投稿者HIDE555
こんばんは。

> ブレインストーミングすると
> 動物のいない動物園
> カツのないカツカレー
> ネットのないネットカフェ

コレ、面白いですね!

メロン のない メロンパン
いないいない のない いないいないばぁ

今だったら
学生 のない 大学
ですかね…。

同じくセンスゼロ。

タイトルRe^3: 絵のない絵本
記事No5552
投稿日: 2020/11/23(Mon) 22:08
投稿者ようへい
メロンのないメロンパン

これは普遍的事実で、少なくても日本人のほぼ全てがagreeしている数少ない詐欺的ネーミングですね。笑


奈良市在住 ようへい