[リストへもどる]
一括表示
タイトル【実践報告】
記事No5476
投稿日: 2020/10/24(Sat) 16:27
投稿者谷川陽祐
以前は、「白→黒」の変化で考えてみましたが、今回は「子ども→大人」で考えてみました!

「子どもと大人」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【1】「子ども」と聞いて思いつくものを書こう。
→遊ぶ(鬼ごっこ、ドッチボール、ぬりえ)、アニメ、活発、騒ぐ(ワイワイする)、言葉(赤ちゃん言葉、語彙が少ない)、流行りを見つけるのが早い、脳が若い(記憶力が良い)

【2】「子ども」→「大人」に変えてみよう
鬼ごっこ→大人の鬼ごっこ
ドッチボール→大人のドッチボール
ぬりえ→大人のぬりえ
アニメ→大人のアニメ
など、子どもから大人まで楽しめる遊びがあるなぁと…!むしろ大人の方が熱狂している場合もある…。

「流行に敏感」「記憶が良い」などは、大人より子どもの方が優れてる事柄を発見できました。


今後はさらに深めるため、“なぜアニメやぬりえなどの遊びは大人でも熱くなれるのか”
“大人より子どもの方が優れていると言えるもの”について考えてみるのと楽しいかもしれないな、と思いました!

また、子どもと大人の境界線についても議論の余地はあるなぁと感じました。少しその話になったのですが、「声変わりをしているかどうか」や「選挙権有無」などいくつかの意見が出ていて、大人=20歳って答えるんかなと思ってた自分がハッとさせられました。

タイトル「よのなか科」での大人と子ども
記事No5479
投稿日: 2020/10/24(Sat) 18:28
投稿者カズ
> 以前は、「白→黒」の変化で考えてみましたが、今回は「子ども→大人」で考えてみました!
>
> 「子どもと大人」

 私が中学生向けの「よのなか科」でやるのは、あなたは子どもですか、大人ですか、の問いかけです。周囲から子供扱いされたり、大人扱いされて「しっかりしなきゃダメでしょ」などと叱られたり。中学生は複雑ですからね。

 そうしておいて、年齢によって、何ができるかを調べます。
 日本の民法は明治期に作られ、15歳で結構いろんなことを認められています。報酬を伴う仕事に就ける、臓器移植の遺言ができる、養子などに入る(姓名が変わる)判断ができるなど。

 さらに少年法について学んで、ケースを読んでから模擬裁判をするというような流れです。
 中高生には、これくらいヘビーでいいと思います。

タイトルRe: 「よのなか科」での大人と子ども
記事No5481
投稿日: 2020/10/24(Sat) 22:59
投稿者谷川陽祐
藤原さん返信ありがとうございます!!
なるほど…!
子どもor大人というシンプルな問いで導入した方が良さそうですね…!
今度やってみます^^

人生の教科書「よのなかのルール」で学んだ以下のことに小学生なりに絡めてやっていきたいと思います^^
13歳 軽労働なら働ける。
14歳 刑事上の責任を負う。
15歳 就職できる。自分の意思で他人の養子になれる。ドナーになれる。
16歳 女性ならば親の同意があれば結婚できるバイク免許
18歳 死刑判決を受けうる。男性も親の同意があれば結婚できる自動車免許
20歳 民法第3条で「成年」になる。

タイトル18歳と20歳
記事No5484
投稿日: 2020/10/25(Sun) 10:19
投稿者カズ
> 18歳 死刑判決を受けうる。男性も親の同意があれば結婚できる自動車免許
> 20歳 民法第3条で「成年」になる。

 18歳には、選挙権が与えられました。
 この時には、TBSが一条高校に来て、「よのなか科」の授業の後、生徒の一人が選挙に行く日を取材し放送しました。

 2022年4月1日から「成人」年齢が18歳に降りてきます。
 ただし、酒、タバコなどは変わらないようで、ちょっと複雑になりますね。同様に競輪、競馬もダメ。でも、18歳から法定代理人(保護者)の同意なく、単独で契約を結べるようになる。

 高校生には、「18歳で選挙権が得られるとどのようなメリット、デメリットがあるか?」を議論させましたが、今度は「18歳で選挙権だけでなく成人となることをどうとらえればいいのか」をディベートさせたいですね。
 成人式はもちろん18歳ということになりますから、高校生のまま地元で式典に参加することになるわけで、地方では、地元を離れた同級生とも久しぶりに近況報告し合うということはなくなるんでしょう。表向きはこの時、まだ飲み会はできないことになりますが。

タイトルRe: 18歳と20歳
記事No5494
投稿日: 2020/10/31(Sat) 00:10
投稿者谷川陽祐
小5と考える「子ども」と「大人」
今日、また考えてみました!

【1】あなたは、「子ども」ですか「大人」ですか。
→子どもでもなく、大人でもない。教育を受ける人。生徒。中人。(小人ー大人の間として)

【2】子どもについての権利をネットで調べよう
18歳 選挙権が与えられる
18歳 結婚できる。今は男女で婚姻可能年齢が違うが、2022年からは18歳で統一
15歳 働ける
13歳 YouTubeを使えるようになる。
→子どもの夢がYouTuberということもあり、ここからYouTuberについてタブレットで調べることに。
→18歳以上で収益化できることを知る。18歳までは、有名になることに徹しよう!と。もしくは、親に協力(親のアカウントを使用)してもらえれば小遣い稼ぎできるかな…など。

こんな話になりました。
これからは、少年法や刑罰などもう少し踏み込んでみようかと思ってます!