[リストへもどる]
一括表示
タイトルAIと小説
記事No5460
投稿日: 2020/10/12(Mon) 16:32
投稿者USA
【仮設】
AIに人の心を動かすような小説は書けないのではないか
【検証】
自分の書いた短編小説をAIに翻訳させ、ニュアンスを表現できるかを検証
【結果】
現段階ではニュアンスは表現できていない。
翻訳ですらニュアンスを表現できないのだから、AI自体が物語を創造するのは時間を要する

【検証の過程】
1 本をたくさん読む
2 読んだ本の書評をよのなかフォーラムにたくさん投稿する
3 書評の投稿のおかげで文章力がつく
4 「小説チャレンジ」を通して創造力も備わる
5 自分で短編小説が描きたくなる
6 素人なのに短編小説をフォーラムに投稿させていただく
7 謎の度胸が備わる
8 新たな刺激を求める
9 短編小説「カウンター」を英訳して外国人に披露したいと思いつく
10 グーグルアプリを使いAIに「カウンター」を翻訳させてみる
11 全然ニュアンスが翻訳できていないので自分でAI翻訳を校閲するという謎の行動をとる
12 英訳版「カウンター」をDMM英会話の先生に披露する
13 生まれて初めて外国人に自作小説を披露する
14 「伝わらなかったらどうしよう」と内心死ぬほど緊張する
15 「現実的なストーリーでなんだか哀しくなったよ」と言われ、外国人にも内容を理解してもらえた喜びを噛み締める
16 よのなか何とかなるもんだと、さらに謎の度胸が備わる
17 AI翻訳にはまだまだ改善の余地があることに気がつく
18 翻訳ですら改善の余地があるのだから、AIが自ら物語を創造するのはまだまだ時間がかかると実感する
19 プロの小説家はやっぱりハンパないと尊敬の念をさらに募らせる
20 もっと本をたくさん読もうと決意を新たにする


ますます読書に励みます。

タイトルRe: AIと小説
記事No5470
投稿日: 2020/10/23(Fri) 09:30
投稿者ようへい
USA様

この仮説検証のプロセスだけでも本が書けそうですが!!!

面白い!

私も歴史の証人のような気持ちでテンションが上がりました!笑

凄い!!

奈良市在住 ようへい