[リストへもどる]
一括表示
タイトルFacebookでコメントした谷川です!
記事No5379
投稿日: 2020/09/05(Sat) 07:44
投稿者谷川陽祐
おはようございます!
昨夜Facebookにてコメントさせていただいた谷川と申します。

「必ず食える1%の人になる方法」では希少性の大切さを、また「100万人に1人の存在になる方法」では具体的事例がとてもわかりやすかったです。
「人生の教科書」では、“あなたのチカラの半分は、他人のチカラで成り立っている”という言葉がとても胸に刺さりました。

ニューズピックス出演時のお話も最高でした!

「よのなか科」はこれからの教育に確実に必要です。
前例主義の教育現場を変えなければならないと強く思っています。

「お金」「経済」の勉強を公教育に取り入れていきます!

タイトル歓迎!
記事No5381
投稿日: 2020/09/05(Sat) 15:13
投稿者カズ

> 「お金」「経済」の勉強を公教育に取り入れていきます!

 これは本当に大事ですね。

 私は「日本人の時給に800円から80000円と100倍の差!」のグラフを見せながら、ビジネスパーソンや大学生・高校生だけでなく小学生にも中学生にも「稼げる大人になるには」をテーマにした「よのなか科」をやるのですが、高学年なら小学生にも理解できます。
 健闘を祈ります!

 それから、谷川さん個人のメールアドレスを知りたいので、このホームページのポストにメールを入れていただけますか?
 Webマスターからその日のうちに私のところにまわってきますので、そうしたら直接、谷川さんとコミュニケーションが取れるようになりますから。

 FBもツイッターも告知用「かわら版」としてしか使っていないので(FBではメールで個別にきたコメントも読めません:笑)。

タイトルお返事ありがとうございます!
記事No5382
投稿日: 2020/09/06(Sun) 07:52
投稿者谷川陽祐
小学校高学年向けとして、「よのなか科」を考えたいと思います。
動画も拝見しましたが、子どもたちのアクティブな様子と、
藤原さんの絶妙なファシリテートが素晴らしかったです。

私は29歳ですが「校長先生になろう!」を生意気にも読みました(笑)
こんな校長先生がいたら最高だな〜と思いました!

ポストの方にメールしてみました。
ちゃんと届いているかな…。ご確認お願いします!