[リストへもどる]
一括表示
タイトル短編小説『グランドスラム』
記事No5290
投稿日: 2020/06/07(Sun) 21:40
投稿者USA
いつからだろうか、こうなってしまったのは。

僕はテニスのグランドスラムのひとつである全米オープンで日本人男性初の優勝を果たした。年齢にして25歳。プレイヤーとして最も脂が乗っている時期だった。
テニス界には不動のベスト4がいて、彼らがいつも僕の前に壁として立ちはだかってきた。とくに世界ランク1位のイギリス人プレイヤーであるオーウェンには手も足も出なかった。彼には勝負所を嗅ぎわける絶対的な嗅覚が備わっており、こちらがラインギリギリに打ち込んでもその勝負所では必ず打ち返してくるのだ。
僕のコーチだったサムとは何度も何度もオーウェン攻略の糸口を模索してきた。オーウェンは勝負所では絶対にポイントを落とさない。言い換えればその勝負所でオーウェンが打ち返してきたウィニングショットを打ち返すことができればオーウェンの戦意を削ぐだけでなく、ゲームを支配できるとサムは進言してくれた。
オーウェンは私が繰り出すラインギリギリのストリートを逆サイドに打ち返す。私はその逆サイドに追いつくことができずにいつも失点する。
そこでサムはこうアドバイスをくれた。僕がストレートにショットを放った後にオーウェンの逆サイドへのリターンにも対応できるように、ショットを打ったあとにすぐにセンターに戻る練習を繰り返すよう進言してくれたのだ。その反復練習はまさに気の遠くなるような作業だった。しかしその作業が私を一段階上の高みへと誘ってくれた。
センターに戻ることを無意識に行えるようになったことでどんなリターンにも苦手意識がなくなり、そのおかげで精神的なムラがなくなったのだ。

そして、その時はついに訪れた。オーウェンのリターンを逆サイドにダウンザラインできた。その一本でオーウェンはリズムを崩し、僕は最終ゲームのタイブレークをもぎ取り遂にオーウェンを下した。日本人男性発のグランドスラムを勝ち取った瞬間だった。
僕の頭に過ったのはグランドスラム優勝の喜びよりもサムへの感謝だった。彼は僕がテニスアカデミーのあるアメリカに単身で来た時からのコーチで、テニスは言うに及ばず実生活やプライベートの悩みまでいつでも寄り添ってくれた。まさに二人三脚で歩んできた。
僕は優勝杯をサムに掲げながらこう言った。
「これからもよろしく」と。

しかしここからが僕の転落の始まりだった。
グランドスラムの優勝を狙うことと、それを継続することとは全く異次元のことだった。今までできていたことが勝負所でできない。それがなぜなのかもわからない。初のグランドスラムを勝ち取った時は攻める気持ちと何が何でも優勝するという強い気持ちがあったが、二度目のグランドスラムとなると身体と気持ちが無意識に守りに入る。
僕はパニックになった。練習ではできるのに試合でそれをパフォーマンスできないならば一体なんのための練習なのか。いつしか僕はサムに当たるようになっていた。
サムは「練習しかないよ。極限状態でのプレッシャーに打ち勝つには極限まで練習を繰り返すしかない。君は技術的には世界一なんだ。あとは精神をとことんまで鍛えるだけだ」
僕は追い込まれていた。サムの言うことはわかる。理屈ではわかるが気持ちがついていかない。これ以上何をどう追い込めというのだ。いつしか僕はサムにこんなことを口走っていた。
「サム、君はグランドスラムを一度でも獲ったことがあるのかい。今の僕の重圧なんて君には測り知りようがないよ」
「そうだね。確かに僕にグランドスラムの経験なんてない。けど君の気持ちに寄り添いたいとはずっと思っていたよ。それくらいしか僕にはできないけどね」
「サム、申し訳ないけど、少し僕は一人でテニスに向き合いたい。本当にすまない」
サムの表情は夕焼のように物憂げに陰りながら、そしてサムの影は夕陽が沈むように傾いだ。

サムと契約を解消してからというもの、僕はグランドスラムはおろかATP250を初戦から落とすようなこともあった。
テクニカルな問題があればいつもサムが指摘してくれていた。しかしその当たり前が今はない。代わりのコーチを雇ってはみたものの本能的にそのアドバイスを身体が拒否する。
サムと離れて気がついた。僕の身体は僕であって僕だけのものではない。サムと僕は身体も精神も完全に二人で一人だったのだ。
僕はようやく気がついた。サムなしでは僕は何者でもない、と。

僕はニューヨークからサムの住むカリフォルニアへと飛んだ。
サムとは契約を解消してからというもの連絡すらとっていない。だからこの旅もサムには何も告げていない。サムとは会えるのか、そもそも会ってくれるのかどうかもわからない。
サムの家は昔に訪ねたことがあったから、その朧げながらの記憶を頼りに道を進んだ。
この辺だったかな、と思っていたところで子供の声が聞こえてきた。
「ねぇ、パパ!こっち、こっち」
少女の弾むような声のあとに、慣れ親しんだ声が耳に届く。
「ジェシカ、次はしっかり打ち返せよ」
少女が打ち返したテニスボールは父親の方には弾まず、見当違いのように僕の足元に転がってきた。
僕はそれを拾い上げる。
「すみません、ボールを拾ってくれてどうもありがとう」
僕はボールを投げ返すことなく、しばらく呆然と立っていた。
父親も訝しながらボールを受け取ろうとしたとき、その目が見開いた。
「や、やぁ、サム。元気かい?」
僕は何とか言葉を紡いだ。
「驚いたよ、なぜ君がここに?」
「ごめんよ、サム。驚くのは無理ないよね。ただどうしても君に会いたくなって」
しばらく二人の間に沈黙が覆った。神妙な空気が流れていたところ、
「わぉ!あなたケンよね!?信じられない!なんであのケンがこんなところに!」
とジェシカの興奮した声が、そんな空気を和らげた。
戸惑った顔を見せていたサムだったが、ジェシカの声に気を取り戻したのか、
「よく来てくれたね」
といつもの柔和な笑顔を見せてくれた。

その晩、急な来訪にもかかわらずサムは自宅でのディナーを共にしようと誘ってくれた。
サムの家族からは意外にも歓迎を受けた。
「今日は特別な御馳走を用意するわ」と意気込みながら、サムの奥さんとジェシカはキッチンでディナーの支度をしてくれている。
僕は困惑した。かつてはパートナーだったとしても、コーチ契約を解消したのだ。良い印象があろうはずもない。
そんな思いを察してか、
「ケン、君は我が家のヒーローさ。なんたってあの全米オープンのチャンピオンなんだからね。僕はそんなヒーローのコーチだったんだ。おかげで僕も鼻が高いよ」
と僕の気持ちを和らげてくれた。
「その件だけどさ、サム、、、」
僕はなかなか言葉を切り出せずにいた。
ここに来て僕の考えは定まらずにいた。
「僕は本当に君に酷いことを言ってしまった。僕はグランドスラムを獲ったことで何かを勘違いをしてしまったんだ。あたかも自分の力だけで栄誉を勝ち取ったと言わんばかりにね。そんな思い上がりがあったからこそ、君に僕の気持ちなんかわかるはずなんてない、なんてことを口にしてしまったんだ。君とパートナーを解消してからというもの、僕はもう完全に自分を見失ってしまったよ。君を失ったからこそ、君が僕にとって掛け替えのない存在だと気付いたんだ。僕は出来ることならもう一度君と一緒に戦いたいと思った。でも正直戸惑ってる」
僕は謝罪の気持ちを素直にサムに伝えた。サムの家族の好意的な雰囲気も手伝ってか、何も体裁など取り繕わずに自分をさらけ出すことができていた。
「サム、僕はどうしたらいいかわからないよ。コーチ契約の解消を切り出したのは僕だ。それなのに僕の方からまた君と一緒になりたいなんてあまりにも身勝手なことだよね。それにね、サム。今日君の家族と過ごしてわかったよ。君がどれだけのものを犠牲にして僕に尽くしてくれていたのかということを。
僕たちは世界中を飛び回っていた。つまり君は自分の家庭との時間を割いてまで、ずっと僕の側にいてくれたってことだ。それはとてつもなく大きな犠牲だ。僕は今日の今日までそんなことにすら気付いていなかった。ジェシカの笑顔を見て僕は胸が痛んだよ。どれだけの笑顔を僕は彼女から奪っていたんだろうと。彼女の笑顔を見たらね、もう一度君と一緒にやりたいなんていう資格が僕にはないように思う。いや、きっとないよ。僕は強い気持ちでカリフォルニアまで来たけど、そんか決意はもう薄らいでしまったよ。今日は本当に来て良かった。君とそして君の家族に会えて本当に良かったと心からそう思うよ」
サムはずっと黙って僕の話を聴いていた。
その表情からはサムの気持ちを窺い知ることは出来なかった。でも一方で僕は満足していた。自分のありのままの気持ちを曲がりなりにも伝えたことで気持ちがすっきりとしたのだ。
「ねぇ、パパ、ケン、料理できたわよ」
僕がサムに語り終えたのを見計ってか、ジェシカが出来立てのラザニアを慎重にテーブルに載せた。ラザニアに続き、ドンドン料理がテーブルを彩り豊かに染めていく。腕によりをかけて用意してくれたことがこれでもかと伝わってくる。
ディナーはとても楽しい時間だった。
僕はサムとの思い出話に花を咲かせていた。
「サムはね、コートでは僕以上に熱いんだよ。僕が少しでも試合で気を抜こうものなら、
こら、ケン!もし負けたらこのあと居残り練習だぞ!
なんて叫ぶんだよ。僕はサムの練習の方が辛いから試合なんていつも必死だったさ」
そんな取り止めもない話を奥さんもジェシカも満面の笑顔で聞いてくれていた。
食事も一段落して、サムと散歩がてら夜風にあたりに行くことにした。アルコールも手伝ってか、夜風が妙に心地よい。
二人の間の空気にも心地良さが流れていた。
サムが徐ろに語りかける。
「なぁ、ケン。実はさ、ジェシカはJr.ハイスクールではテニス部なんだよ。なぜだかわかるかい?」
「なぜって、君がテニスのプロコーチだからかい?父親がテニスをしてるならそれに影響されることはよくあることだろ」
「違うんだよ、ケン。僕の影響じゃないよ」
「じぁ、なんだってテニス部に入ったんだろうね」
「それはね、ケン。君の影響だよ」
「えっ!?」
思わず大声を出していた。全く予期していなかった答えだったからだ。
「僕がだって?僕の何に影響を受けたっていうんだい?」
「全米オープンさ。オーウェンに何度リターンを返されても諦めずに食らいついていく君の姿にジェシカは夢中になったのさ。彼女は当時クラスメートからいじめられていてね。でも君のガッツを見たらとても勇気を貰ったらしいんだ。そしてね、ある時僕にこう言ったんだよ。
私もケンのように強くなりたい
って」
「僕が強い?」
「そうさ、君は強い。君は自分の弱さに向き合える強さがある。だから今日もこうして遥々ニューヨークからカリフォルニアまで来られたんだ。誰にでもできることじゃない。僕はとても嬉しかったよ」
「それじゃ、サム。もしかして君は僕と、、、」
「もちろんさ、ケン。君はジェシカを救ってくれた。今度は僕が君を救う番だよ」

4年後 全米オープン
「それでは優勝者からファンの方々に一言よろしくお願いします」
「皆さん、今日は本当にありがとうございます。ファンの皆さんの応援があったからこそ、こうやってまたこの場に立つことができました。そして何よりこの優勝を共に喜びたい人たちがいます。サムとその家族に心より感謝したい。グランドスラムは決して一人で取れるものじゃない。このタイトルは僕のものじゃない。応援してくれるみんなのものです。心より愛しています」

タイトルRe: 短編小説『グランドスラム』
記事No5302
投稿日: 2020/06/17(Wed) 09:13
投稿者ようへい
USA様

いつもありがとうございます。

僕たちは世界中を飛び回っていた。つまり君は自分の家庭との時間を割いてまで、ずっと僕の側にいてくれたってことだ。それはとてつもなく大きな犠牲だ。

時間を割くという犠牲は多大で、間接的に個人だけでなく多くの人の時間にも影響を及ぼしているんですね。

そう考えると人の時間を奪うことにもう少し意識を払う必要があります。

時間は有限で取り戻すことは決して出来なくて、多くの方の時間を奪うならなおさらです。

奈良時在住 ようへい

タイトルRe^2: 短編小説『グランドスラム』
記事No5305
投稿日: 2020/06/17(Wed) 23:05
投稿者USA
> 時間を割くという犠牲は多大で、間接的に個人だけでなく多くの人の時間にも影響を及ぼしているんですね。
>
> そう考えると人の時間を奪うことにもう少し意識を払う必要があります。
>
> 時間は有限で取り戻すことは決して出来なくて、多くの方の時間を奪うならなおさらです。

ようへいさん、いつもいつも丁寧なコメント本当にありがとうございます。とてもありがたいです。僕の書評や短編小説への感想をしてくださると言うことは、それだけようへいさんの貴重な時間を割いていただいていることに他なりません。
それはようへいさんの他にも、僕の書評を読んでくださっている方がいらした場合にも同様のことが言えます。
皆さまの貴重な時間をいただいているという感謝の気持ちを忘れずに、これからも真剣に書評と小説を作り上げていきたいと思います。

タイトル短編小説『イマジネーション』
記事No5306
投稿日: 2020/06/18(Thu) 12:24
投稿者USA
時任隆はサッカー日本代表のユースである「Uー15」の育成を任されている。隆の仕事は多岐にわたり、技術指導はもちろんのこと日本中から将来有望な若者を発掘することも含まれていた。
実際に隆が育てた子が成長し日本代表として活躍している選手も数多くいる。
しかし隆は焦っていた。
「このままではワールドカップでは優勝できない」
今のままではダメだと本能で悟ってしまう自分がいた。
子供たちは本当に一生懸命だ。練習もとても熱心だし、とことんまで自分を追い込んでもいる。日本中からの選りすぐりの若者が切磋琢磨しここまで鍛錬に鍛錬を重ねているにもかかわらずワールドカップで優勝できない。
なぜなのか。
そのなぜを解明することが先決だ。若者たちに厳しい練習ばかりを課すのはあまりに酷な気がして仕方がない。
隆は今までワールドカップを優勝した国を研究することにした。
イタリア、ブラジル、ドイツ、フランス、イングランド、ウルグアイ、アルゼンチン、スペイン。
これらの国々にあって日本にないもの。それはなんだ。何が日本に足りない?
サッカーとはなんなのか?本質的には点を取るスポーツ。点を取らないことには決して勝ちはない。
では点を取るにはどうしたらよいのか。
点を取るとはゴールラインを割ることだ。
ゴールラインを割るためにはディフェンダーを潜り抜けキーパーの隙間を狙うこと。
ここが問題だ。日本人選手は間違いなく技術は高い。ミドルレンジから力強いシュートを放てる選手も増えてきた。
しかしコンマ何秒かの躊躇いのうちに、ディフェンダーやキーパーにコースを読まれて結果シュートを拒まれてしまう。そのコンマ何秒をサッカー強豪国の選手より速く反応するためにはどうしたらよいのか?
身体的なものは当然あるだろう。特にブラジル人などは独特のリズムがあり日本人には到底真似できない。しかし身体的な差異だけが原因ではないような気がする。
コンマ何秒を埋めるために身体的なもの以外に何があるだろうか?
身体的以外なもの?

隆の頭の中で靄が一気に晴れたような気がした。暗中模索の中、一筋の光が垣間見えた。
コンマ何秒を埋めるには肉体を限界まで追い込むことはもちろんだが、それ以外にできることがあるとすればそれは「未来を読むチカラ」だ。
この先何が起きるのか。それを予知しあらかじめ準備しておく。コンマ何秒先の予知ができれば相手に先立って行動できる。
では予知するためにはどうすればよいのか。
それは想像力を膨らませるより他にない。
もしかしたら日本人に最も欠けているのはこの想像力ではなかろうか。
それはもしかしたら教育のせいかもしれない。もしかしたら核家族化が進み他者との関わり合いが希薄になったからかもしれない。もしかしたら先行きの見えない現代に置いて未来に希望が持てないことに起因しているのかもしれない。
理由は数え上げれば切りがない。
しかし隆は想像力の欠如こそが日本サッカー界、引いては今の日本に欠けているように思えて仕方がなかった。

隆は8歳と9歳のクラブユースの子供たちに絵を描いてもらうことにした。まずは「木を描いてみて」とお願いした。子供たちは大小様々、いろとりどりの木を描く。次に「森を描いてみて」とお願いしてみる。これも木を何本か描くなど皆それぞれの森を描いてくれた。ここでは絵がうまい下手は関係ない。とにかく自分なりの「森」をイメージして描けるかどうかが大事なのだ。
次に15歳のユースの子たちに同じことをお願いした。みんな「木」までは描ける。しかし「森」となると途端に手が止まる。子供たちからは「森って言われてもなぁ」とか「絵を書けって言われてもなぁ、なんだか恥ずいよな」とかそんな声が聞こえてくる。
これは隆にとって大きな発見だった。
子供たちは歳を重ねるにつれ、周りと同調することに慣れてしまい、いつしかその個性を失う。指導者はこの点にもっと真剣に向き合わなくてはならない。技術や体力を身につけさせるために当然尽力はする。しかしその尽力が子供たちの個性、ひいては想像力を潰してはいまいか。
技術力と想像力の融合。これこそが隆の追い求める理想となった。
隆はJFAの理事に直談判し、Uー15コーチからは外してもらい、10歳未満の子供たちの育成担当にしてもらった。
隆は全国のサッカークラブやクラブユースを訪ね周り、有望な子供を対象に年2回の合宿を計画した。場所は富山。アルプス山脈を望む実に風光明媚な場所を選んだ。
隆の目的はただ一つ。才能豊かな子供たちに素晴らしい自然を体感してもらい同じ景色を共有させることで、子供たちの脳の中に想像力のリンクを張り巡らせることだった。
広大な自然は必ずや子供たちの想像力を膨らませるだろう。想像力が膨らめば、サッカーフィールドを俯瞰して想像することができるようになる。その俯瞰図をピッチにいるものが同時にイメージできれば、ゴールへのプロセスは自ずと見えてくるはずだ。
だからこそ、隆はこの合宿において厳しい練習の傍ら、川遊びや山登りなど遊びの要素をふんだんに盛り込んだ。そして合宿の最後には必ず「森」を描いてもらうことにした。

20年後 ワールドカップ決勝
隆はJFAの理事としてスタンドから自分のかつての教え子たちを見守った。
さぁみんな、思う存分想像し、そして自分たちのサッカーを創造し、世界中を楽しませてくれ!!