[リストへもどる]
一括表示
タイトル短編小説『吉兵衛』
記事No5241
投稿日: 2020/05/03(Sun) 15:40
投稿者USA
「棟梁、ちっと聞きたいですがね、ここのやすりの仕上がり、まだ甘いとは思いませんか」
「おい吉兵衛、なんだってそんな細けぇとこ気になるんでぇ。そんなもん柱と柱をくっつけちまえば見えねぇじゃねぇかよ」
「そうは言っても棟梁、気になっちまうもんは仕方ねぇ。もうちっと擦ってみますぜ」
この吉兵衛、江戸で評判のとある棟梁に弟子入りしてからというもの彼此20年いくらかの年月が経とうとしている。気づけばこの棟梁の組で一番の古株となっていた。
最古参となった理由は主だったものが二つ挙げられる。ひとつは棟梁の仕事が厳しく若いものがそれに付いていけないこと。そしてもうひとつは誰もがいつかは独立したいという願望があるもんだから、おおよそ10年くらいの修行を経て組から去っていくためである。

棟梁は口にこそ出さないが、吉兵衛の腕はすでに我がものを超えていた。今までのどんな弟子よりも筋が良い。しかしこの吉兵衛、欲という欲がないのかいつまでも組を離れようとしない。
「ところでよ、吉兵衛。おめえ、そろそろ自分の旗を立てたらどうなんだい」
「なんだって棟梁、そんなことを言うんですかい?」
「なんだっておめえ、もう若えもんは組を出てるじゃねぇか。お前さんもそうは思わないのかい?」
「出ていけと言われればあっしもそうしますがね。けど棟梁、あっしはね、棟梁と木についてあーでもねぇ、こーでもねぇなんて話してる時が一番楽しいんでさぁ。楽しくて仕方ねぇんです。うちにもね、倅がいるでやんしょ。その倅を見てるとねぇ、あっしと全く同じでやんすよ。倅はねぇ、畑で野菜を刈っては喜んで、そこでカエルを見つけては喜んで、とにかく何をしていても楽しそうなんですわ。あっしも木に向かって必死にやすりをかける度にねぇ、新しい発見があってそりゃいつも浮き浮きした心持ちでさぁ。まだまだあっしの腕は棟梁の足元にも及びません。これからもよろしく頼みますわ」
「吉兵衛、おめえさんには敵わなねぇや」

この吉兵衛、その腕と人柄を買われ、やがて江戸一番の棟梁になったとさ。


(著者あとがき)
森鴎外の「高瀬舟」などを読んでいると、そこには伝えたいメッセージがいろいろ含まれていてなんだか深いなぁと心から感激しました。彼に影響を受けて何かを描きたくなったのが本作です。

タイトルRe: 短編小説『吉兵衛』
記事No5252
投稿日: 2020/05/12(Tue) 22:27
投稿者ようへい
この超短編

いいですね。

棟梁と木についてあーでもねぇ、こーでもねぇなんて話してる時が一番楽しいんでさぁ。

この一文に人生の示唆を感じました。

こういう風に生きたくても、難しいかもしれないけど、
目指したいです。

奈良市在住 ようへい

タイトル短編小説『甲子園』
記事No5262
投稿日: 2020/05/17(Sun) 16:14
投稿者USA
短編小説『甲子園』

「ねぇお兄ちゃん、どうしたの?泣いてるの?」
兄の部屋から聞こえた噎び泣きが廊下に響いていた。兄の泣き声を聞くなんて初めてのことで私は戸惑いながらも扉越しに兄に声をかけた。

「今日さ、発表されたんだよ。夏の甲子園が中止されるって。もう何も考えられなくなっちまったよ」
兄の言葉に私は驚きのあまり頭が真っ白になった。兄は小学校の頃から野球を始めその面白さに目覚め、そして野球にのめり込んでいくうちにいつしか甲子園を夢見るようになった。
高校に入ってからというもの、野球部で夜遅くまで練習した後も家に帰ってから毎晩深夜まで黙々と素振りをしていた。

部屋の向こうで兄が落ち込んでいる姿は容易に想像できた。私は自分の動揺を悟られまいと徐ろに兄に語りかけた。
「お兄ちゃん、私がなぜ希望の高校に受かったかわかる?」
兄からの反応はない。構わず私はドア越しの兄に語りかける。
「それはね、お兄ちゃんのおかげなんだよ」
相変わらず兄から何の返答もなかったが、兄の部屋の中からイスが軋む音だけが聞こえた。
「去年のことなんだけど、私ね、お父さんとお母さんの会話を聞いちゃったんだよね。実はね、お父さんリストラされたんだって」
「えっ?」
イスの軋む音と重なり合っていたが、確かに兄の動揺した声が私に届いた。
「その話をしてた時はね、お兄ちゃんは野球部の合宿に行ってたから家にいなかったし、お父さんもお母さんも私はもうとっくに寝てると思っていたんだと思う。私はお茶でも飲もうと思ってリビングに行こうと階段を降りてたところで2人の会話をたまたま聞いたのよ。だからまさか私にそんな話を聞かれてたなんて全く知らないと思う。
お父さんね、つらそうだった。一生懸命会社で頑張ってきたのに、何で俺がって。
私も受験を控えていた年だったからお父さんのその一言はとてもショックだった。お父さんに仕事がなくなるなら私は高校に行けないんじゃないかって思ってパニックになっちゃったの。一瞬目の前が真っ暗になったっていうか。
私はひとり階段にへたり込んでたの。お父さんもお母さんもしばらくは黙り込んでた。
でもね、しばらくしたらお父さんね、お母さんに言ったことがあるんだ。
なんだかわかる?」
私は扉の向こうの兄に問いかける。でも反応はなく沈黙だけが廊下を覆っていた。
「お父さんはお母さんにこう言ったんだよ。
『真斗があれだけ野球頑張ってるんだもんな。
俺もあいつに負けないように頑張らないと』って。
お父さんはね、お兄ちゃんの頑張りをずっと見てたんだと思う。だからこそ自分の子供があれだけ頑張ってるんだから自分も頑張らなくちゃいけないって思ったんじゃないかな。
そのお父さんの言葉を聞いてね、お母さんも
『あなた、心配しないで。あなたが次の仕事を見つけるまで私がパートでもなんでもして支えるから』って言ってた。
2人の会話を聴いてね、私も何か吹っ切れたの。結果はどうなるかわからないけど、私も受験勉強をとにかく全力で頑張ってみようと思ったの。
これもお兄ちゃんが一生懸命野球に打ち込む姿を家族みんながそばでずっと見てたからそう思えたに違いない。
お父さんが資格を取って新しい職場で働いてることはお兄ちゃんも知ってるでしょ?お父さんもお母さんも私たちに余計な心配をさせまいとリストラされたことなんて言わないけど、お父さんの転職には理由があったのよ。
でもね、もしお兄ちゃんの甲子園へ向かうひた向きな努力がなかったら私たち家族は今頃どうなっていたかわからないよ。
私もお兄ちゃんやお父さん、お母さんの頑張ってる姿を見てたら弱音なんて吐けなかった。だから勉強を頑張れたのよ。そして希望の学校に合格できて、こうして今楽しく学校に通えてる。
ねぇ、お兄ちゃん、甲子園中止になったってつらいよね。ずっと夢だったものね。今の私にはなんて言ってあげたらいいのか正直わからないわ。
でもね、お兄ちゃん、これだけは言わせて、、、。
本当にありがとう。」

私は「ありがとう」の言葉だけを兄の部屋に残しその場を去った。壁越しの隣にある兄の部屋から「ありがとう」と聞こえた気がした。

タイトル短編小説『ダンゴムシ』
記事No5267
投稿日: 2020/05/21(Thu) 08:37
投稿者USA
短編小説『ダンゴムシ』

「ねぇパパ。なんで僕がダンゴムシさんを触るとダンゴムシさんは丸くなるの?」
「それはね、、、」
敵から体を守るためだよ、と言いかけて口を噤んだ。そもそも4歳の息子はダンゴムシにとって敵なのか?生物は生存本能に基づき敵を威嚇したり、敵から逃亡したり、あるいは身を隠したりする。それはそうだとしても4歳の子供を前にして敵だ味方だということ自体の説明が難しい。
そんなことを考えていると、中々息子の問いかけに言葉が出ずに私は困ってしまった。そして逆に息子に聞いてみた。
「なんでダンゴムシは丸くなると思う?」
少しばかり息子は考える。
ダンゴムシをツンツンしながら考える。
そして徐ろに、
「それはな、ダンゴムシさんは恥ずかしがりやさんだから。恥ずかしいから丸くなってお顔を隠してるの」

そうなのである。生物学者の皆さま、世紀の大発見なのです。ダンゴムシは生物学的に本来恥ずかしがりやであり、見知らぬものに出会うと本能的に顔を覆い隠すのです。
身を守るためにダンゴムシが身を丸くするといった理論は大人の凝り固まった思考からくるものであり、実はダンゴムシはシャイゆえに丸まることが判明したのです。

そんなことを考えていると急に息子が愛おしくなりついつい抱きしめてしまった。

日常にも未だ見ぬ世紀の大発見は多く潜んでいるものなのだ。

タイトルRe: 短編小説『甲子園』
記事No5270
投稿日: 2020/05/22(Fri) 09:27
投稿者ようへい
USA様
いつもありがとうございます。

背中で語る。と言う言葉が頭の中をよぎりました。

どんな言葉よりも行動が勝るとき、人は背中で語れるものなのかと。

甲子園に関しての答えは私は分かりませんが、
純粋なスポーツから、教育と言う枠やそれに纏わるビジネスが大きく関わりすぎて答えがより難しくなっている印象です。

今後、緊急事態の解除により緩やかにコロナの患者数等は増加すると思いますが、今の防疫事情や季節を考えると許容範囲内で推移すると期待しています。
問題は、秋口からでしょうか。

奈良市在住 ようへい