[リストへもどる]
一括表示
タイトル山椒大夫・高瀬舟
記事No5240
投稿日: 2020/05/02(Sat) 14:52
投稿者USA
『山椒大夫・高瀬舟』(新潮文庫)森鴎外

ストーリー性 4点
12の作品から成る短編小説集です。
「山椒大夫」は私の息子が読んでいる童話集にも出てくるほど有名な話だと思います。短編小説ですがよく出来たストーリーだと思います。「高瀬舟」のテーマは平たく言うと安楽死です。100年も前からそれを論ずるところに森鴎外の先見の明を感じます。

独自性 4点
彼の知識は哲学、ドイツ語、医学など実に多岐に渡ります。それらがミックスされて彼にしか書けない作品集だと思います。

読みやすさ 3点
12作品の短編集のうち、僕が理解できたのは役半分です。だから採点も3点としました。

文学性 4点
彼は医者だけにドイツから影響を多分に受けていると思います。また哲学にも精通しています。おおよそ僕には理解が及ばないですが、彼の知識の奥深さと相まって彼独自の文学を築いています。

普遍性 5点
普遍性は間違いなくあるでしょう。「山椒大夫」などは100年経っても子供たちに読み継がれているのですから。

合計20点
作品の幅がとてつもなく広いです。それは彼の知識の広さと視点の広さに比例しているように思います。こんな天才がいるのですね。

『本を読む人だけが手にするもの(古典編)』自薦または他薦50冊のうち16冊目の書評

タイトルRe: 山椒大夫・高瀬舟
記事No5251
投稿日: 2020/05/12(Tue) 22:22
投稿者ようへい
USA様

いつもありがとうございます。

> 作品の幅がとてつもなく広いです。それは彼の知識の広さと視点の広さに比例しているように思います。こんな天才がいるのですね。

100年読み継がれる古典文学の作者は総じて天才なんでしょうね。
ビジネス書で読み継がれている本は少ないイメージがあります。
7つの習慣などは、別格でしょうか。

奈良市在住 ようへい

タイトル一ふさのぶどう
記事No5261
投稿日: 2020/05/17(Sun) 07:14
投稿者USA
『一ふさのぶどう』(偕成社文庫)有島武郎

ストーリー性 4点
7つの短編からなる童話集です。「一ふさのぶどう」はそのうちの1つの童話ですが、他人のものを盗んでしまった少年の繊細な心をとてもうまく表現しています。

独自性 3点
この本に出てくるような話はどこの家庭や学校でもおそらく子供に話しているのではないでしょうか。

読みやすさ 5点
宮沢賢治の童話に比べて抽象的な話が全くないのでかなり読みやすいものとなっております。

文学性 3点
文学的というより道徳的な意味合いがあるように思います。

普遍性 5点
童話なので子供向けの話なのですが、大人が読んでも深く考えさせられます。

合計20点
なんだか新鮮な気持ちで読むことができました。「嘘をついてはいけない」とか「ひとの物を盗んではいけない」と言ったような当たり前のメッセージは大人が読んでもハッと気付かされることが多いでしょう。

『本を読む人だけが手にするもの(古典編)』自薦または他薦50冊のうち17冊目の書評(1000冊のうち136冊目)

タイトルRe: 一ふさのぶどう
記事No5269
投稿日: 2020/05/22(Fri) 09:22
投稿者ようへい
USA様 いつもありがとうございます。

> 宮沢賢治の童話に比べて抽象的な話が全くないのでかなり読みやすい
→抽象的な話は、理解の範囲が個人個人で異なるので、わかりやすさとは相反する要素ですね。


> なんだか新鮮な気持ちで読むことができました。「嘘をついてはいけない」とか「ひとの物を盗んではいけない」と言ったような当たり前のメッセージは大人が読んでもハッと気付かされることが多いでしょう。
→嘘をついてはいけない。人の物を盗んではいけない。
 確かに、その通りです。
 ・自発的に店を開けてはいけない。
 ・その間の補償は自粛以来なので行わない。
 ・自粛の頻度は、予見困難である。
を上記の2つの道徳に加えると、少し捉え方が変わるのかなあ。と最近の情勢を鑑みて思いました。

引き続きよろしくお願いいたします。

奈良市在住 ようへい

タイトルどくとるマンボウ航海記
記事No5275
投稿日: 2020/05/25(Mon) 22:10
投稿者USA
『どくとるマンボウ航海記』(新潮文庫)北杜夫

ストーリー性 5点
著者が船医として漁業調査船に乗り世界中を旅する自伝的旅行記です。

独自性 5点
著者独特の視点がなんとも言えません。なんど笑ったことか。ユーモア満載です。

読みやすさ 5点
まどろっこしい表現など皆無です。純粋に面白い。

文学性 5点
著者の個性を存分に文体に表現しています。僕はこういうユーモアあふれる作品が大好きです。

普遍性 5点
世界を旅して自分の視野を広げたい。誰しもが一度は願うロマンがあります。

合計25点
僕にとっては文句なしの満点です。とても面白かった。

『本を読む人だけが手にするもの(古典編)』自薦または他薦50冊のうち18冊目の書評(1000冊のうち139冊目)