[リストへもどる]
一括表示
タイトル死の淵を見た男〜吉田昌郎と福島第一原発
記事No5193
投稿日: 2020/03/30(Mon) 16:54
投稿者カズ
 第一級のノンフィクション。門田隆将『死の淵を見た男〜吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)。
 福島/原発関連の本は3・11以降出版されたものだけでも1000冊を超えるそうだが、この本は間違いなく歴史に残る1冊になるだろう。

 現在、映画化されて東宝系で上映されている。
 https://www.fukushima50.jp
 映画でどれほどの臨場感を出しているのかわからないが、観たい!

 たいていの大人に吉田所長(当時)の奮闘する姿はまだ記憶にあると思うが、チェルノブイリの10倍のヤバさがあったあの危機脱出から2年4ヶ月後に亡くなっていることについてはどうだろう。彼のスタッフが、東電の上層部や政治家の迷走にかかわらず、命がけの冷却を目指して放射能の高い現場でどんなふうに奮闘していたかについては、どうだろう。

 この本では、実に細かく念入りな取材活動を通じて、真実を伝えようとしてくれている。
 原発反対派、賛成派というようなイデオロギーの視点からではなく、東電や特定の政治家批判でもなく、現場の動きに寄り添う視点でだ。

 文庫版あとがきより
 『日本のマスコミは、「原発推進か」「反原発か」というイデオロギー争いに終始しています。彼らにとって、ファクト(事実)は二の次であり、自分の主張に都合のいいように真実は捻じ曲げられるのです。』
 実際に、朝日新聞は「福島原発の人間の9割が<所長命令に違反>して撤退したことがわかった」という誤報をし、のちに、この記事は、現場にいた当事者にたった一人の取材もせず、書かれていたことが明らかにされたということです。

 現代日本の政治状況、発電所という大企業システムと地方行政の構造、そして、それでも使命感で動く現場の底力を感じられる必読の書だと思いました。

タイトルRe: 死の淵を見た男〜吉田昌郎と福島第一原発
記事No5194
投稿日: 2020/03/30(Mon) 21:28
投稿者松井の母
参照先http://4521
この映画を観たいと思いつつ、コロナウイルスのことがあり、映画館に行くのは躊躇したままとなっています。

まず、本を読まねばと思いました。
推薦ありがとうございます。

吉田所長、夫の大学の同期です。学部は違うけど…

タイトルRe^2: 死の淵を見た男〜吉田昌郎と福島第一原発
記事No5198
投稿日: 2020/04/02(Thu) 16:46
投稿者カズ
> この映画を観たいと思いつつ、コロナウイルスのことがあり、映画館に行くのは躊躇したままとなっています。

 観てきました。
 映画館は、観客5人でした。

 内容的には書籍が圧倒します。
 圧巻です。

 ですが、この映画は、日本人のすべてが親も子も見たほうがいいと感じました。
 なぜなら、誰が現場で、どんな風に奮闘したのかがわかりやすく描かれているからです。

 原発問題は「東電が悪い」では済まされません。
 あの時、原発の内部で命がけで奮闘していた現場の人がいて、助かっています。全電源喪失で1号機、3号機の建屋が爆発し、2号機も制御不能だったから、万が一圧力容器自体が爆発したら、チェルノブイリの10倍の悲劇で、東日本(日本の半分)は居住不能になっていたはずだと言います。

 たしか、2号機の建屋の壁に偶然穴が開いてベントと同じ状況が生まれ、圧力が逃げたから爆発に至らなかったのですが、この原因は未だ解明されていません。

 それでも、その極限状況下で、現場の人間の不眠不休の努力は続いていました。
 また、映画では、最初の津波に福島第一が襲われるシーンで地下作業をしていた2人が津波に飲まれる場面が出てきます。閉じ込められて亡くなった現場の若手のことは、本では詳しく出ていますが、映画ではそれ以上の言及はありませんでした。

 注目はやはり、現場と、東電の上層部あるいは政治家との意識の落差でしょう。
 この食い違い、どうしようもないズレは、今も「マスク2枚配布」問題などに現れてるように思います。

タイトル既視感
記事No5202
投稿日: 2020/04/04(Sat) 10:43
投稿者ようへい
藤原先生

お久しぶりです。

フクイチの惨状をリアルタイムで体験していて今でも忘れないのは、当時の菅直人首相の国民へ向けてのメッセージがあまりに内容が薄かったという衝撃です。

今回のコロナでもその伝統は受け継がれ

安倍総理の会見の内容の乏しさ
今だかつて無い、躊躇無く、迅速に・・・ 自分の語彙認識が間違っているのかと不安になりました。

小池知事の不要不急の密集での会見

現場の熱量とトップからのアナウンス内容とのギャップは、もはやこの国のお家芸になりました。

ちなみに医療におけるコロナ問題の根深さは、
コロナに医療資源を膨大に投入するため通常医療が徐々にしかし確実に崩壊しつつあるところです。

奈良市在住 ようへい

タイトルRe: 死の淵を見た男〜吉田昌郎と福島第一原発
記事No5221
投稿日: 2020/04/16(Thu) 06:42
投稿者USA
>  第一級のノンフィクション。門田隆将『死の淵を見た男〜吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)。

>  たいていの大人に吉田所長(当時)の奮闘する姿はまだ記憶にあると思うが、チェルノブイリの10倍のヤバさがあったあの危機脱出から2年4ヶ月後に亡くなっていることについてはどうだろう。彼のスタッフが、東電の上層部や政治家の迷走にかかわらず、命がけの冷却を目指して放射能の高い現場でどんなふうに奮闘していたかについては、どうだろう。

読みました。
彼らのおかげで一体どれだけの命が救われたのでしょう。
先日、同期がこの世を旅立ちました。どうしても命について考えさせられてしまいます。

本を読む人だけが手にするもの(ノンフィクション編)』自薦または他薦50冊のうち14冊目

タイトルRe^2: 死の淵を見た男〜吉田昌郎と福島第一原発
記事No5224
投稿日: 2020/04/16(Thu) 20:56
投稿者カズ
> >  第一級のノンフィクション。門田隆将『死の淵を見た男〜吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫)。

 この映画「FUKUSIMA 50」は、もっと観られるべきだったのにね。
 コロナ騒ぎで吹っ飛んじゃって・・・もったいない!