[リストへもどる]
一括表示
タイトル注文の多い料理店
記事No5188
投稿日: 2020/03/17(Tue) 00:20
投稿者USA
『注文の多い料理店』(新潮文庫)宮沢賢治

ストーリー性 3点
童話の短編集なのでストーリー性はそこまで深くはありません。

独自性 5点
宮沢賢治ワールド炸裂です。森が話しかけてきたり、動物が話しかけてきたり。「注文の多い料理店」は料理店が注文するという逆転の発想だし。彼はイマジネーションの塊です。

読みやすさ 3点
大人よりもむしろ子供の方が楽しめるような気がします。大人が読むとどうも固い発想が邪魔をしてしまいます。

文学性 5点
彼独特の感性を文字にし芸術へと昇華する。唯一無二だと思います。

普遍性 5点
宮沢賢治の作品は小さい時から親しむべきだと思います。思考が凝り固まる前に柔らかい頭で読めばその分だけ想像力が身につくと思います。

合計21点
もっと早く宮沢賢治を読めばよかった。そう思わずにはいられません。

『本を読む人だけが手にするもの(古典編)』自薦または他薦50冊のうち13冊目の書評

タイトルRe: 注文の多い料理店
記事No5201
投稿日: 2020/04/04(Sat) 10:33
投稿者ようへい
USA様 いつもありがとうございます。

現代社会にありがちなのは

クレームの多すぎる客  かもしれませんね。失笑

宮沢賢治よりも面白いと思う作家は多くいても、その存在感やオリジナリティで並ぶ人がそう多くは無いところに時代に評価されるロジックがありそうです。

奈良市在住 ようへい