[リストへもどる]
一括表示
タイトル檸檬
記事No5148
投稿日: 2020/02/11(Tue) 23:23
投稿者USA
『檸檬』(角川文庫)梶井基次郎

14の作品からなる短編集です。
短編なのでストーリー性はそこまで深くはないように思います。しかしその分、各々の作品に著者の感性が痛いくらいに詰め込まれています。
試しに「檸檬」と「Kの昇天」だけでもいいので読んでいただけたらと思います。その感性を思う存分堪能してください。

『本を読む人だけが手にするもの(古典編)』自薦または他薦50冊のうち11冊目の書評