[リストへもどる]
一括表示
タイトルすごい作家を見逃していました。
記事No5129
投稿日: 2020/01/30(Thu) 18:49
投稿者カズ
 須賀しのぶ『革命前夜』(文春文庫)・・・傑作です。

 『蜜蜂と遠雷』に勝るとも劣らないピアノ、オルガン、バイオリンの音の表現力。
 『マチネの終わりに』を彷彿とさせるラブストーリー。
 それらを、壁崩壊前夜のベルリンを舞台にして重厚な物語に紡ぎます。

 朝井リョウさんが、(行ったことがないのに)なんでも書ける(描ける)作家と評していました。いやあ・・・全く知らなかったなあ。

タイトルRe: すごい作家を見逃していました。
記事No5132
投稿日: 2020/02/01(Sat) 11:47
投稿者松井の母
参照先http://4521
>  須賀しのぶ『革命前夜』(文春文庫)・・・傑作です。

須賀しのぶ!

「また、桜の国で」は第二次世界大戦前のポーランドが舞台。
心に沁みる一冊でした。

タイトル荒城に白百合ありて
記事No5139
投稿日: 2020/02/04(Tue) 21:35
投稿者カズ
> 「また、桜の国で」は第二次世界大戦前のポーランドが舞台。
> 心に沁みる一冊でした。

 昨年末に出た単行本『荒城に白百合ありて』(角川書店)から読んでみました。
 幕末から会津藩の最後が舞台。会津藩士に嫁いだ女と薩摩藩士の異形のラブストーリー。いやはや、すさまじいまでの表現力で参りました。
 異形の、ではなく、畏敬の・・・と評価すべきでしょうね。

タイトル衝撃!『神の棘』
記事No5151
投稿日: 2020/02/13(Thu) 18:08
投稿者カズ
> > 「また、桜の国で」は第二次世界大戦前のポーランドが舞台。
> > 心に沁みる一冊でした。

 次に読んだのは(三作目になりますが)『神の棘』2分冊で1200ページ。
 衝撃!

 こんな、とんでもない筆力のある作家を見逃していたのか、と。

 ナチス支配下のドイツに生きる14歳からの幼馴染マティアスとアルベルト。修道士とナチスのSSとして生きる2人の壮絶な人生が問いかける「宗教とは何か?」そして「戦争とは何か?」。

 一方では、テーマ性としては遠藤周作の「沈黙」を彷彿とさせながら、その物語に引き込む力は宮部みゆきか、あるいは史実を調べ尽くしての物語構成は「ローマ人の物語」の塩野七生レベルかもしれない。

 とにかく参りました!!

 『また、桜の国で』ももう取り寄せてありますが、ちょっと他の本を読んでからにしますね(苦笑)。