[リストへもどる]
一括表示
タイトル銀河鉄道の夜
記事No5123
投稿日: 2020/01/26(Sun) 23:09
投稿者USA
『銀河鉄道の夜』(新潮文庫)宮沢賢治

この本を読む前にまず心得ていただきたいことがあります。それは頭の中を柔らかくすることです。そう、童話を読むときのように、、、。

この本は「銀河鉄道の夜」を含めたファンタジーの短編集です。
ファンタジーだからこそ、頭を柔らかくしないとストーリーについていけません。イマジネーションの塊ですよね、宮沢賢治。

僕はこの本を読みながら赤坂真理さんの『東京プリズン』を思い出しました。なぜなら世界観が独特過ぎて、読んでいるうちに「私は誰?ここはどこ?」みたいななんとも言えない不思議な世界観に誘われたのです。

人間の想像力ってすごいですよね。


本を読む人だけが手にするもの(古典編)』自薦または他薦50冊のうち9冊目の書評

タイトルRe: 銀河鉄道の夜
記事No5126
投稿日: 2020/01/29(Wed) 22:51
投稿者ようへい
多くの日本人にとって銀河鉄道といえば夜か999しか思いつかない鉄板の名作ですね。

宮沢賢治さんの顔は教科書にも出てきていたので親しみがあります。

でも私の中で宮沢賢治さんの最も印象的な作品は
雨にも負けず です。

奈良市在住 ようへい