[リストへもどる]
一括表示
タイトルgoogle通訳・・ディープラーニングで進化しているのか!?
記事No5071
投稿日: 2019/12/22(Sun) 22:17
投稿者ようへい
3年ほど前に英語の論文作成で随分とgoogle翻訳に助けられました。
論文作成やreviseなどで1年超、英語と戯れていましたが(苦しめられましたが・・)、この1年の中で明らかに英語翻訳のアルゴリズムが進化していました。

それから3年・・
今度は翻訳ではなく音声認識を伴う通訳という形で私はgoogleの言語ツールと再開を果たしました。

滑舌の悪い私の会話もかなりの精度で訳してくれちゃっています。

そしてこのgoogle翻訳はおそらくディープラーニングで日々超絶進化していくので、現在のgoogle翻訳が最低レベルであって1年後は想像を絶する進化を遂げていると思います。

正直、並大抵の翻訳家、通訳家は駆逐されてしまうまでの時間は余り残されていないと思います。

ただ、私は英語を学んでいます。
理由3つです。
一つは、英語を学ぶことは文化を学ぶことでもあるからです。

二つ目は、googleの翻訳もたまに??な通訳をしているからです。
この辺は近未来には改善されるでしょうが・・

3つ目は、日本ではペラペラと英語しゃべれるとなんかかっこよさそうだからです。笑

未来を憂うより足下の一歩を進めたいと奈良の田舎で想像しています。

ちなみに

これなんぼなん?(これはおいくらですか?の関西弁)は通訳不可でした。笑

奈良市在住 ようへい

タイトルRe: google通訳・・ディープラーニングで進化しているのか!?
記事No5073
投稿日: 2019/12/23(Mon) 07:21
投稿者USA
> ただ、私は英語を学んでいます。
> 理由3つです。
> 一つは、英語を学ぶことは文化を学ぶことでもあるからです。
>
> 二つ目は、googleの翻訳もたまに??な通訳をしているからです。
> この辺は近未来には改善されるでしょうが・・
>
> 3つ目は、日本ではペラペラと英語しゃべれるとなんかかっこよさそうだからです。笑

英語は希少性を生む貴重な手段になり得ると思います。
僕はおそらく7000時間は英語を勉強していると思います。DMM英会話歴も4年となり、会話時間も30000分(25分/1レッスン×1200人)を超えました。
おかげさまで拙いながらも自分の伝えたいことは概ね話せるようになりました。
今の職場で英語を話せるのは僕しかいないので、外国人の方が来ると他部門の方から助けて欲しいと依頼されるようになりました。
専門的な知識が求められる職場なので単に英語が話せるだけでは通用しません。
法律の知識×英語力×コミュニケーション力
が必要です。
英語力はこのように掛け合わせの妙で希少性をグググっと引き揚げてくれる極めて有効なアイテムだと思います。
何より言葉が話せると嬉しいし楽しい。これが言語を学ぶ原点なような気がします。

タイトルRe^2: google通訳・・ディープラーニングで進化しているのか!?
記事No5076
投稿日: 2019/12/23(Mon) 23:15
投稿者ようへい
何より言葉が話せると嬉しいし楽しい。これが言語を学ぶ原点なような気がします。

そうなんです!
英語が通じた時の快感は、苦手であるほど達成感があります。

激しく同意!