[リストへもどる]
一括表示
タイトル海外転勤に関わる子どもの教育について
記事No5069
投稿日: 2019/12/22(Sun) 20:32
投稿者てぶくろ
週末に日本橋でお世話になった者です。
とても楽しく有意義な時間をありがとうございました。
個人的な質問なのですが、是非先生のご意見をお聞きしたいと思い投稿させていただきます。
現在の小学校と幼稚園に通う子供がおりまして、中学受験を考えておりまして小学校の子どもはそろそろ塾に入れて準備を開始しようとしています。
一方で、私の仕事は海外転勤の可能性があり、仕事を考えると海外転勤はした方が良いと考えています。基本的に家族は一緒に居たいと思っていますので、単身赴任が選択肢にはありません。今後生活する場所が国内外で変わる中で、どこにも軸足を置いて子どもの教育環境を与えていいのか悩んでいます。
具体的には、言語と受験です。海外に出たときには英語で教育して、日本に帰ってきたら日本語で教育をして、中途半端になってしまわないか心配しています。また、頑張って受験勉強したのに、海外に引っ越すから受験できない、或いは折角合格しても通えない、というのは子どもに酷ではないかという懸念もあります。
先日のお話からは離れてしまいますが、ご意見をお聞かせいただけると幸甚です。宜しくお願い致します。

タイトルRe: 海外転勤に関わる子どもの教育について
記事No5074
投稿日: 2019/12/23(Mon) 21:16
投稿者カズ
> 具体的には、言語と受験です。

 これは、悩みますね。

 でも、結論は「子育てに正解はない」です。
 何が自分の子に影響し、何はそれほどでもないか、誰にもわからないからです。本人にも、親にも。

 私の場合は、4歳の長男を連れて、37歳の時、ヨーロッパに移住しました。駐在員ではなかったので、完全に自由で、席だけはロンドン大学ビジネススクールのデザイン関係の部屋に客員として置いていました。

 あっちこっち行ったり、頻繁に日本と往復したりするのでなければ、3年から5年だったら家族での転勤は一大イベントとして記憶に残るものになるでしょう。
 そうした場合は、普通、現地校かインターナショナルスクールに入れ、漢字は補習しますよね。

 なお、うちの長男のケースでは、幼稚園の年中、年長をロンドンとパリで過ごして、6歳で日本に帰ってくる直前まで、遊び言葉は英語をペラペラ話してましたが、文法までいってなかったので、帰国後まったく話さないようになり、その後、中学の英語は不得意科目でした。
 でも、大人になってから、音は残っていたようで、発音はいいようです。
 
 まあ、個人差があるとは思いますが、行ったり来たり連れまわすと、母国語(日本語)で考える力を失い、英語はネイティブなんだけど、日本に帰ってきた場合には、何を考えているかわからない感じで漂流してしまうこともあるので、ご留意ください。
 その場合でも、外国人として育てきってしまえばいいんですけどね。

タイトルRe^2: 海外転勤に関わる子どもの教育について
記事No5077
投稿日: 2019/12/24(Tue) 09:56
投稿者てぶくろ
ご回答ありがとうございました!
先生ご自身のお子様のエピソード、大変参考になります。
外国に暮らすと言っても、子どもの年齢、地域、期間など色々な要素がありますね。私も我が子には母国語できちんと考えることができる人間になって欲しいと強く思っていますので、先生のご助言に留意していきたいと思います。
ありがとうございました。

タイトル父親になるということ
記事No5079
投稿日: 2019/12/24(Tue) 19:31
投稿者カズ
> 私も我が子には母国語できちんと考えることができる人間になって欲しいと強く思っていますので、先生のご助言に留意していきたいと思います。

 時間があったら、『父親になるということ』(日経ビジネス人文庫)を読んでみてください。
 私の子育て失敗談満載です(苦笑)。187円より。
 https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453219590X/yononakanet-22