[リストへもどる]
一括表示
タイトル哲学と宗教全史
記事No5061
投稿日: 2019/11/30(Sat) 07:15
投稿者USA
『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)出口治明

僕はすっかり出口さんのファンなので、この本も定点観測している本屋さんに並んであったので手に取りました。

さて本書ですが、歴史は哲学や宗教を通してどのような変化を遂げていったのかを体系的に説明してくれています。この本を読むと国を引っ張るようなリーダーにはつくづく哲学が必要であることがわかります。ローマ帝国の繁栄もそこにあったのかもしれません。

さてさて現代において真のリーダー、つまり哲学と宗教を理解したリーダーはいるのでしょうか。

タイトルRe: 哲学と宗教全史
記事No5068
投稿日: 2019/12/20(Fri) 22:28
投稿者ようへい
USA様 いつもありがとうございます。

国を引っ張るリーダーは時代や地域などによって支持される理由も非常に変化すると思います。
ヒットラーは敗戦までゲルマンの救世主であったり、文化大革命前の毛沢東、なども圧倒的支持を得ていた時はあるように思います。

偉大な指導者であると確定的であるかのような評価が下る事由もその時々で変化していくように感じます。

哲学も宗教を理解する。と言う定義は永遠のテーマかもしれませんね。

奈良市在住 ようへい