[リストへもどる]
一括表示
タイトルインスピレーション童話『自由』
記事No5052
投稿日: 2019/11/23(Sat) 01:54
投稿者USA
あるところにとても働き屋さんのアリさんがいました。
アリさんはとてもよく働くから、あるとき女王アリさんがアリさんにいいました。
「あなたは今までとてもよく頑張ったから、もうわたしのために働かなくていいよ。あなたの行きたいところにどこでも自由に行きなさい」
そうしてアリさんはアリの巣から出ました。
そこにはとても大きな世界が広がっていました。ところがアリさんは急にとても怖くなりました。
今までアリの巣のまわりのとてもとても狭い世界でしか生きてこなかったのです。
いきなり外に出てみてもどこに行っていいのかわかりません。それに何をしていいのかもわかりません。アリさんは巣で女王アリのためにあくせく働くのが何より幸せだったと気がつきました。
だからアリさんは結局、女王アリにお願いしてアリの巣に戻りましたとさ。おしまい。

(著者あとがき)
この作品は『砂の女』からインスピレーションされた童話です。
『砂の女』の主人公である男と女は、劣悪な環境にも関わらずその環境に順応していくなかでいつしかその環境に疑問すら抱かなくなります。感覚が麻痺し、最終的にはその劣悪な環境ですらある意味では幸せではないかと感じるようになるのです。
『砂の女』、世界観はかなり独特ですがメッセージ性は極めて強い作品です。

タイトルRe: インスピレーション童話『自由』
記事No5055
投稿日: 2019/11/25(Mon) 00:29
投稿者ようへい
USA様

面白い例えですね。

私は、かつて受験少年院と言われた学校に通っていました。
そして大学でもそれなりに忙しい理系学部に通っていましたが、受験少年院でのタフな状況からすると有り余る自由を手に入れました。
しかし、自由に対する価値は受験少年時代の時の方が遙かに高く自由時間を燃焼していた記憶があります。

幸せを感じる事で最も重要な要素は、少し足りない感じ だと思います。

奈良市在住 ようへい