[リストへもどる]
一括表示
タイトル知念実希人の作品から
記事No4932
投稿日: 2019/09/18(Wed) 22:41
投稿者カズ

 沖縄生まれの医師で作家の知念実希人さんの『優しい死神の買い方』を、今年93冊目で読み始めたんですが、なかなか読み終わらず、その間に95冊目まで来ました。
 
 本日、『優しい死神の飼い方』(光文社文庫)読了。
 いやあ・・・面白い作品でした。死神が天上界から左遷されて一匹の捨て犬に降臨するのですが、優しい看護師に拾われ、ホスピスで飼われるようになります。入院している患者の未練を解決するのを仕事として・・・そこから事件も起こるわ大忙し。
 でも、次第に人間臭くなっていく死神がその後、どうなるか・・・。
 作者のウイットが最高に効いている逸品。最後にはしっかり泣かせてくれるしね。

 『仮面病棟』も、本屋大賞ノミネートの『ひとつむぎの手』も読んだけど、この人の病院ものは楽しめますね。