[リストへもどる]
一括表示
タイトル陰翳礼讃
記事No4911
投稿日: 2019/09/07(Sat) 09:26
投稿者USA
『陰翳礼讃』(中央文庫)谷崎潤一郎

デザイナーの佐藤卓さんが薦められていたので読んでみました。
皆さんは、障子を通してうっすらと射し込む陽の光で心がホッとしたり、色鮮やかなものよりも少し陰かかった色の方が気持ちが落ち着いたりすることはありませんか?
著者は日本人が持っているそうした情緒を陰翳を通して様々な例を挙げ紹介しています。
何でもかんでも明瞭にすることが良いとは限らない、そう思わせてくれる本です。

タイトルRe: 陰翳礼讃
記事No4917
投稿日: 2019/09/13(Fri) 23:03
投稿者ようへい
USA様

ここで文豪 谷崎潤一郎先生の作品が来るんですね。驚!
ジャンルの選択を人に委ねることでしか見えない景色があると思いますが、そういう突然変異をトレースしているUSA様の企画に唸りました。

もう少しですね。

奈良市在住 ようへい