[リストへもどる]
一括表示
タイトルアラジン
記事No4784
投稿日: 2019/06/07(Fri) 17:09
投稿者カズ
 なんと言っても「君に世界を見せてあげよう!(I can show you the world)」のテーマがどう聞こえるかがポイントだったけれど、これはアニメ映画で初めて観て聴いた時のトキメキの方が上だった。
 実写版はアラジンと王女のデュエットで生歌のミュージカル風なので、シンプルにアニメにプロの歌が乗っていた方が聴きやすかったのかもしれない。

 それにしても、エンターテインメント作品としてはストーリーも映像もジーニー役のウィル・スミスも申し分なく楽しませてくれる。

 魔法のランプをこすると魔人が現れて3つの願いごとを叶えてくれるのだが、人の心を動かすことは御法度で「王女が自分に恋するようにしてくれ」というようなお願いは受け付けない。
 自分は表面ヅラを変えるだけで、中身は変えられないんだと魔人が解説する場面が面白い。

 ディズニーは、この後、あの「ライオン・キング」も実写化して8月、夏休みに公開。どうやらやり口が見えてきたのだが、たいしたもんだと思う。

タイトル山本周五郎賞『平場の月』
記事No4788
投稿日: 2019/06/10(Mon) 17:06
投稿者カズ

 地味ではあるが、市井の大人の恋を描いた第一級の作品。
 とにかく悲しい・・・いや、いとおしさを含んだ哀しみだな。