[リストへもどる]
一括表示
タイトル卒業
記事No4685
投稿日: 2019/03/09(Sat) 06:44
投稿者ken
昨日は息子の卒業式でした。

男の子らしくあっけらかんとしていた息子でしたが、式での立派な立ち居振る舞いに驚きました。
また。学校では、家では見せない息子の笑顔を見ることが出来ました。
自分とは違って、学校生活ではきちんと彼の世界を持ち、友達や先生、部活のみんなとも多分?良い関係を築いているだろうなぁと改めて感じました。
大人になっている彼の姿を嬉しく思いました。

卒業式の後クラスで最後のホームルームがあり、一人一人クラスの友達や親への感謝を伝えていました。
我が家では、自立を促す為に結構厳しくしてきたので、感謝の気持ちとかは期待してませんでしたが、特に女の子は感激して、親への感謝を涙腺が緩んでいる私には、うるうるでした。

やっと義務教育は終わりましたが、大変なのは今からですから、もう少し踏ん張っていかねばと思っています。笑笑

タイトルRe: 卒業
記事No4687
投稿日: 2019/03/09(Sat) 08:46
投稿者カズ
> 昨日は息子の卒業式でした。

 オーッ、ようやくですか・・・おめでとうございます!
 春日西か東にいた「よのなか科」マスターの大津先生がもう主幹教諭で(次は教頭)現場復帰されてます。先日あった大阪での研修会で会い、宴会の後に一緒にラーメンを食いました。

タイトルRe^2: 卒業
記事No4690
投稿日: 2019/03/11(Mon) 22:26
投稿者ken
ありがとうございます。
藤原さんにトランポリンで遊んでもらったのを思い出します。
笑笑
その後モリウミアスで藤原さんの息子さんにお世話になるというおまけ付きですし。笑笑

大津先生が行動をされるようになったら、お手伝いしたいです

でも、結局我が子達の為には何も出来なかったですから……。
本当に悔しくて、情け無い思いです。
想いや考えは確かでも、我が能力と人望の無さを痛感しました、今でも痛感します。

でも我が子の為だけでなく、地域の子供の将来を思っていたのは嘘偽りはありません。

ただただ。
後悔だけはしなかった。

それだけが自分の中の誇りです。


いまでも、よのなか科は子供達の将来に必要だと確信しています。