[リストへもどる]
一括表示
タイトル100万回生きたねこ
記事No4669
投稿日: 2019/02/25(Mon) 21:52
投稿者USA
『100万回生きたねこ』(講談社)佐野洋子

100万回生きたねこは何回死んでも、何回生き返ってもなかなか納得いく人生(猫生?)を歩めません。
しかし最後に素敵な家族に恵まれ、やがて死を迎え、やっと満足する猫生を終えることができたのか、次に生き返ることはありませんでした。
泣けますよ。

タイトルMiki's First Errand
記事No4675
投稿日: 2019/02/27(Wed) 00:06
投稿者USA
『Miki's First Errand』(R I C Pubns Asia Co Inc)Yoriko Tsutsui

Miki is a 5 years old.
She tried to buy milk for her mother.
This was the first errand for her .
She met a lot of troubles, but she could get milk in the end.

I read this book for my son in English.
I hope my son will grow mentally like her.

『はじめてのおつかい』の英語訳版です。
僕の拙い英語でも息子は興味を持って聞いてくれています。

タイトルとしょかんライオン
記事No4677
投稿日: 2019/02/28(Thu) 21:35
投稿者USA
『としょかんライオン』(岩崎書店)ミセェル ヌードセン

あるライオンが図書館に紛れ込みました。ライオンは子供たちに混じって絵本の読み聞かせに見入っていました。その読み聞かせのストーリーに感動したライオンは大声で泣いてしまいました。
しかしここは図書館。大声で泣くことはルール違反です。ライオンは女性の図書館長に怒られてしまいました。でもライオンは図書館がとても気に入っていたので、これからはルールも守るし、お手伝いもするので毎日図書館に来たいとお願いしました。そうこうしているうちライオンはみんなの人気者になります。そのことをよく思っていなかったのが、昔から図書館で働くある男性職員です。
ある時、図書館長は作業中に骨折しました。その現場にはライオンしかいませんでした。ライオンは助けを呼ばなくてなりません。ライオンはそのイジワルな男性職員に出くわしました。でもライオンは言葉が話せません。
その時ライオンがとった行動とは、、、
といったお話です。

ルールを守ることは大事だけど、時にはルール以上に大事なこともあるんだよ、と大人でも少し考えさせられる素晴らしいストーリーです。